2018年04月09日

【対話集】今は整頓の時、一本の道を探して下さい


本を読んだ方々のお便りやご質問に、著者がお返事を届けています。
ひとりでも多くのスィオニが魂の声に気づくため
これらの対話が参考になれば幸いです。

☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.

(Rさん・女性/男子2人の母でもある)

「"砂嵐の時"(トゥファラP126参照)というのは、もう終わったことですか?」

終わったことです。今は整頓の時です。これは長い時間がかかります。まだまだ続きます。
砂嵐の時のメッセージは、いつのときでも応用できます。自分の人生の節目、節目で使うといいと思います。
整頓の時の今、あなたの持っている魂の入る箱を整頓するのがいいかもしれません。あなたは、さまざまなことが器用にできると思いますから、たくさんの箱を持っているかもしれません。あまりたくさんの可能性を抱えてしまうと、箱を転々としてしまい、まとまりがつかなくなり、結果、真実から遠くなってしまいます。不要な箱は何もありませんが、案外人生は短いですから、整頓して、一本道を探してください。


「本のメッセージを正確に理解するのも難しいです」

20〜30年後の、美しいあなたの未来を見据えて、それに向かって進んでください。

「あっという間ですね!許容量も大きく、感情のコントロールも学び、気配も美しく!
たいへん!間に合うかな…でも、できると信じます!」

(つづき)
あなたの正しく美しい魂を、家族や狭い地域に向けるのは、とても危険です。それを理解できない人にとって、あなたはただの厄介者になってしまいます。
そのエネルギーは、スィオニの仕事に向けることです。
あなたの癖、まず城を固めることばかりに夢中になってはダメですよ!それだけで疲れ果てます。散らかった居城、我がものではない居城の中からはじめるのです。
家族の他の仲間は外に向かって飛び出しているのに、あなたはそれができていないのです。自由な精神と許容量の拡大のために、広い世界から学ぶために、飛び立ってください。
魂はその積み残しを挽回したいのかもしれませんね。


「自分の城を固めずにはじめるのは不安だし怖い…。
今までも準備不足で中途半端に終わるような失敗をしてきたし、最後までやりとげられない不安があります」

いいですか。何ひとつ失敗していません!
ただ、あなたの魂のスピードに肉体のあなたがついていけないだけです。それだけあなたの肉体や意識は、停滞していて鈍くなってしまったのです。
12歳の頃の自分を思い出してください。


「はい。12歳の頃から、この宇宙の仕組み、真実を知りたいと、いつもいつも思っていました。今もです!その真実は、わたしから遠く高いところにあって、そこにこの人生ではたどり着けないとしてもこの宇宙とのつながりを魂から消すわけにはいきません!」


posted by yamanoshiroiie at 09:00| メリオンとの対話集

2018年04月08日

【対話集】けして低空飛行しないこと!


本を読んだ方々のお便りやご質問に、著者がお返事を届けています。
ひとりでも多くのスィオニが魂の声に気づくため
これらの対話が参考になれば幸いです。

☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.

(M氏・男性)

「集中力のない××です!笑 (…あなたにそう言われてしまいました!)
同僚が3人も辞めてしまい、ますます注意力が散まんになり、ミスが増えています。
分かったよ、魂さん!君の言いたいことは分かったから!ちゃんと聞いているよ!
と、問い続ける今日この頃です」

集中力と緊張感はいつでもいっしょに!
なぜなら、そうすることで、正しく、美しく、行動・行為・言葉を使うことができるからです。


「あなたのパワフルでありながら、深い愛に満ちたエネルギーに触れ、わたしの魂も喜んでいます。向かい合って話している間、第2の母親のようだと感じていました。
勝手ながら"魂の母"と呼ばせていただきたいです。何人もの方が母のように慕っているかもしれませんが、成長過程の将来有望な末っ子として(笑)、日々魂を磨いていきたいと思います」

ありがとうございます。何人でも大丈夫ですよ!
しかし、あなたもね!お互い大きな許容量の魂であることを喜びとともに、深く深く引き受けてください!
けっして低空飛行しないこと!少し上空から見れば広範囲に眺めることができます。あなたを待っている人がたくさんいます。人のために、そして地球のために働いてください。


posted by yamanoshiroiie at 12:00| メリオンとの対話集

2018年04月05日

【対話集】あなたはビレムルのために何ができる?


本を読んだ方々のお便りやご質問に、著者がお返事を届けています。
ひとりでも多くのスィオニが魂の声に気づくのに
これらの対話が参考になれば幸いです。

☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.

(Mさん・女性)

“あなたはビレムルのために、なにができる?
なぜビレムルに存在している?その役目はなにか?
あなたは粉雪のようにひらひらと舞い落ちる
かすみのようにはかない一瞬の存在ではない。”(トゥファラP15)

「わたしはトゥファラのここがとてもすきです…」

と、きえいるように話してくれた方がいました。
まじめで正直な魂ですね!ですが、それがそのまま、生きる地でうまく振舞えないのでしょうね。正しく行動したり、言葉にしたりするのは、とても難しいのです。

「職場をかえようかと思っています…」

でもくじけないでください。もしかしたら変えなくても、その課題はできるかもしれません!やりがいのある自分磨きだと思います。
少し、地上より高い位置に自分を置いて、美しく、正しく保っていてください。


posted by yamanoshiroiie at 04:00| メリオンとの対話集

2018年04月04日

発売日を『3月8日』に決めた理由


【本の発売日】
本の発売日を3月8日に決めた理由があります。
数字は宇宙においての共通言語です。

「3」= 完全体,〇,魂
「8」= 生命体が標準的に持つ基盤の、知恵と知識


という意味を持っています。
これらの本が、魂の仕事であり、人の魂に役立つという目的を持った本として、ふさわしい数字を選びました。
(トゥファラP450参照)



posted by yamanoshiroiie at 13:37| 本の紹介

2018年04月03日

【読者感想】ファンタジーの中にこそ真実があるのです


昨年(2017年)3月8日
『トゥファラ』は静岡県の、長倉書店(総代理店)さんをはじめとするいくつかの、ごく限られた書店さんで発売されました。〈取扱店はこちら
まだ誰にも知られていないこの物語を、最初に手に取ってくれた人たち―。
"トゥファラ"の光に引き寄せられた人たち。
そんな読者からの感想が、長倉書店さんに寄せられました。

------------
まるで美味しい水を飲んでいるよう。

こんな心優しい言葉の本に出会ったことはありません。
思わず泣きそうになります。(女性)

どういう本なの?
と思いながらも、次から次へと読み進めてしまいます。(女性)

難しいです!休み休み読んでいます。
一章だけでも3回読みました(笑)(男性)

どんどん読み進めたくなり、不思議な感じです。(女性)

読みながら胸が熱くなり、自然と涙があふれてくる。

生きる指針として、テキストのように使っています!

聖書を読んでいるようだ!(男性)

--------------------------------

「どうしてこんなことに気づいたのですか?」
「どこかで学んだのですか?」
「ほんとうに星の人の声が聞こえるのですか?」

と聞かれたとき、私は
「突飛な想像力で書いたのです」
あるいは
「これは実話です」
と答えます。そして
「どう答えたら、あなたは了解してくれますか?」
と聞きます。

私はこの物語をファンタジーと表現します。
ファンタジーの中にこそ、真実があるからです。
人類は、これからもファンタジーを受け入れ
その光のもとにたどり着きたいと、突き進んでいくのだと思います。
それは今はじまったことではありません。
ずっと、ずっと、時代をさかのぼっても
ファンタジーの真実の言葉は確かにあったはずです。

中村啓子より
メリオン.png


posted by yamanoshiroiie at 09:00| 本の紹介