2018年07月24日

言葉は道具

海水.jpg

オリオーネの賢者アロンは、言葉と意識は切り離せない関係にあるといいます。
前回の記事で意識について紹介しましたので、続いて言葉についても学んでおかなければなりません。

(トゥファラ本文P359〜)
アロンさんがいうには、宇宙には私たちが使っているような言葉は存在しないといいます。アロンさんの星、オリオーネでは、言葉を交わして生きているのではないのだそうです。
また、私たちと同じように多様な言葉を使う星もあるのだそうですが、どうやらこんなに複雑に言葉が細分化されている星はめったにないらしいのです。

そして言葉が細分化されることで、さまざまな思惑を生み、宗教となり、争いとなり、差別という意識も生まれると…。
なんだか言葉について考えると、あまり良いものではないというふうに思ってしまいますね。

思い出したのですが、以前行った整合性会議で『魂』についてお話を伺っていたとき、メリオンさんとこんな会話がありました。

――それぞれが、自分の魂の特徴を知ることが大切というのがよく分かりました。すると私たちは、もっと個性的にならないといけないんですね。

メリオン:そうですよ。みんな、もっと魂の特徴を出して、自分の気配をしっかり出していかないといけないの。どうしてか分る?

――さあ…?

メリオン:言葉はいずれ無くなっていくからなのよ。

――そうか…気配で自分を表現しなくちゃならないんだ。

メリオン:国境もやがて無くなるでしょう。でも、その地と、その人の個性は逆に際立つようになっていくの。

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。
そして賢者アロンは、言葉は単なる道具であり、道具は正しく使われなければならないことを強く指摘し、使う人が美しくなければならないのだと教えています。

美しい言葉というものはほとんどない。
言葉は意識によってつくられるものだから 肉体を体現したものでもあるのだ
言葉を操る者が 気配を美しくし 美しく気を保ち 美しい空間を持って発するからこそ
言葉は美しい気に包まれ 美しく存在することができる
存在の美しさに勝るものはない


ところで、地球上に、どのくらいの言語があるのかをちょっと調べてみました。
すると、およそ6800〜6900種類の言語があるということです。
言語の一覧(Wikipediaより)

すごいですね!見方によれば、同じ星、同じ地に居ながら、こんなに多くの言葉が生み出されたことの方が不思議なくらいです。

私たちは…それがいつかは分りませんが、いずれ、言葉ではなくテレパシーのようなものでコミュニケーションを交わせるようになるのかもしれません。
一か国語しか話さない我が日本では、外国語が話せることがことのほか羨ましかったり、「すご〜い」なんて尊敬してしまったりするのですが、難しい外国語を今更覚えるより、これからやるならテレパシーの訓練をした方がいいかも?な〜んて、勉強嫌いなワタシは言い訳がましく、この記事を書きながら思った次第です。

そして、言葉について、星の人たちの話を聞きながら改めて考えてみたとき、私たちは、言葉を無意味に、そしてあまりにもぞんざいに扱ってきてしまったのではないかという気もしています。これからも今しばらくの間は、私たち人間は言葉を扱うわけですが、もう少し大切に使わなければ、とも思いました。


(文/編集部)

posted by yamanoshiroiie at 09:00| ラウンジ(談話室)

2018年07月20日

"意識"の正体

IMG_4032.jpg

『トゥファラ』が出版されて1年と4か月。いくつかの小さな町でお話会が開催され、"戦士メリオン"のもとに、スィオニになりたい仲間たちが集まり始めました。
そして今、私たちは『トゥファラ』を羅針盤にしながら実践に入ったのだとメリオンさんはおっしゃいます。

『トゥファラ』を手に取り、宇宙の"気"に触れ、宇宙秩序を学び始めた今、私たちが日常で経験するあらゆる出来事の受け止め方は、以前とは違います。それぞれのもとにちりばめられた小石たち。それを丁寧に拾いながら、それぞれが光の道を見つけてゆかねばなりません。

この『光の塔通信』も、本を読み解くだけにとどまらず、実践に入ったことでだんだん難しくなっていきそうです。編集部の理解が及ばない部分はメリオンさんに確認しながらあとで修正や追記を行いますが、みなさんと共に考えていく気持ちで進めたいと思いますので、どうぞよろしく、お付き合いください。


・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。
そんなわけで、今回は現場に行ったからこそ体感し、学ぶことができた出来事をお伝えします。

先日、私(編集部/市川)は、ある市民団体が主催するイベントに参加しました。都内の小さな会場ですが、100名以上の人々が集まっています。そして、映画鑑賞をしたりトークセッションを行ったりして数時間を過ごしました。ところが終わってみても、私の中には何も残るものがなく、何だかポカンとしたまま、そそくさと会場を後にしました。

私たちの社会は、さまざまな問題を抱えています。そしてそれに対応すべくさまざまな市民団体やボランティアが生まれており、人々の福祉や奉仕に対する意識は以前に比べれば、ずっと高まってきているようにも思えます。それなのにこの空虚感は何だろう?トークセッションで語られる言葉は、ただひたすらまっとうなことを言っているのですが、その言葉は、聞いたすりから両耳を通り抜けていくようでした。

この現象について、メリオンさんが後から説明してくれました。以下に他のメンバーも交えた対話を紹介します。
(これは、"意識"に関する非常に深くて難しいテーマです。そしてもちろん、特定の団体やそれに関わる人々を非難するものではけしてありません。けれど私たち人間社会が進化するとき、今後必ずやこの問題に直面し、考えていかねばならないことです。最初は記事にするのを躊躇しましたが、やはりスィオニは知っておかなければならない重要なことだと考え、掲載することにしました。ハートでお読み下されば幸いです。)

メリオン:決して塊になってはダメだということですね。コピーのようになってしまうのです。個が個として立っていたら、それぞれが特徴ある魂のはず。誰もが知っている情報を交換しても何も生まれないのです。誰一人、自分の考えを持っている人はいないのでしょう。

(C):こうした活動に参加している方たちは、よりよい社会を目指したいという、意識の高い方たちではないかと思うのですが、それがなぜ、ただの塊になってしまうのでしょう。

メリオン:意識が意識を食べて増殖してしまったのでしょうね。福祉、奉仕という、一見美しい行為には、人々は染色されやすいのです。

(R):進化した星の人の考え方は、みな同じだと聞きましたが、そうした会場にいる人たちの様子(意識)と、(星の人たちのそれは)全然違うものなんですか?

メリオン:染色や意識といっても、レベルの差はあるわね。それに悪いだけではなくてほんとうの美しい染色や意識もあるのです。でも美しい正しいの判断はとても難しいですね。これこそ、体験して体得するしかないのよ。そのとき、悲しい思いになったのはなぜなのか?なぜ、みぞおちが温まったのか? ときには自分の未熟な部分に光が当たっときの寒気もあります。それはどんな感じだったか?ここから気づいて、成熟していくしかないのです。ところが、この過程を正確に踏めなかった大人もいるのです。すると、そうよね!そうよね!と何も学ばず、進歩のない意識の塊の中に入っていってしまうの。だからみんな、おんなじ顔になっちゃうのよ!

(C):美しそうな行為だというだけで、それについて自分で考えたり感じたりすることもなく、受け売りの言葉をうのみにしてしまったわけですね。それがコピーのような塊になっちゃうんですね。

メリオン:スィオニはそれを見抜きながら、広い視野を持ちながら、コツコツと自分磨きをしながら、人のために黙々と働くのよ。

(Y):人も地球も宇宙の砂粒だという自覚があれば意識の塊に埋もれることはないはず…そうした人々の意識の塊を解きほぐさないと、地球には随分と負荷をかけてしまっているように感じます。

メリオン:その通りだと思いますよ。わたしたちはそれを(地球を)手助けする者という認識をいつも忘れないことですね。

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。
人々が集まれば、必ず集合意識というのが生まれます。それが宇宙秩序のようなレベルの高い意識であればいいわけですが、人間社会はまだまだそこへ到達していません。(というか宇宙秩序なんて知らないし…もうやだ〜(悲しい顔)

"意識"については、オリオーネの賢者、アロンが教えてくれています。
(トゥファラ本文P363〜)
「意識は肉体(脳)が生み出す思考や意図であり、広範囲に染色し、さまざまな言葉と結びつく…」詳しくは、『トゥファラ』をご覧あれ。



(文/編集部)
タグ:意識 肉体
posted by yamanoshiroiie at 19:37| ラウンジ(談話室)

2018年07月17日

色のレッスン〜ホワイト

wall-175684_960_720.jpg

ホワイト

色のレッスン〜ブラックに続き、重要な色であるホワイトについてです。

(トゥファラ本文P78〜)
ホワイトの私たちが持つ一般的なイメージは、ブラックとは対照的に、ポジティブなイメージや明るいイメージ、美しいイメージです。ところが宇宙では、一概にそうとは考えていないようなのです。

ホワイトが他の色を染めてしまったり、光が色を飛ばして真白になってしまう現象をどのように感じますか?・・・ホワイトは浄化の色ではありません。

この指摘には、驚いた人が多いかもしれません。
ホワイトというと、何も描かれていない白いキャンパス、あるいは結婚式のウェディングドレスや白無垢などのイメージが強くあります。人々は、「白色は、どんな色にも染められるから…」というにも思っていたわけですが、星の人たちは、ホワイトが他の色を侵食するのだと、真逆のことをいっているのです。

なるほど、改めてホワイトとという色を、あるがままに眺めてみましょう…たしかに、星の人たちの言う通り、ホワイトは侵食する色でもある、というのが理解できるような気がします。(私たち人間というのは、固定観念にとらわれて、真実を見ていないことが実に多いらしい…。)
そしてホワイトには、あるときは恐れや、あるいは守りの力もあるのだと、ヴァンさんが教えてくれています。
ホワイトには、これだというひとつの答えがあるわけではありません。さまざまな答えのすべてがホワイトをあらわしているのです。陽の光を吸収したホワイトから、あなたたちはエネルギーを受け取ることができます。恐れもありますが、力を与えてくれるものでもあります。


・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。
いかがでしょうか。
色の捉え方というのに私たちはまだ慣れていませんが、感覚的な感性を磨くレッスンとしては、とても身近なツールなので、日常のところどころで、意識してみてはどうでしょう。
色のレッスンついてはこちらのページ「色のレッスン」を再度ご確認ください。(追加記事あり)


(文/編集部)


posted by yamanoshiroiie at 09:00| レッスン/宇宙秩序

2018年07月13日

色のレッスン〜ブラック

black

『色』のレッスンについて、以前に簡単な記事を書きました。(→色のレッスン)

星の人たちは色のエネルギーを、さまざまな形で活用しているのだとか。ところが私たちは、その色の、本来の特徴さえ理解していないことが多いというので、もう一度、中でも扱い方を間違えてはいけない重要な色だという、ブラックとホワイトについて、それぞれ紹介することにします。

ブラック
(トゥファラ本文P334〜)
ブラックを理解することはホワイトよりもさらにむずかしく、受け入れる魂の高い進化レベルが必要です。この色の及ぼす影響は絶大で・・・取り扱いは充分な注意が必要です。

しかし、宇宙でいう本当のブラックは、地上には無いのだそうで、私たちが黒(ブラック)と呼んでいるのは、限りなく黒に近い"濃い色"なのだということです。怖い色だけに、ちょっとホッとしました。
ブラックは"コピー"です。魂のコピー、星のコピー、あらゆるものの"コピー"と言えます。コピーはそれ自体には鼓動も、思考も、意思も、感情も、表情もなにもありません。ただ情報が忠実にコピーされているだけです。これが意味するものは、そのものよりもさらに精巧で美しく、汚れのない実体が生まれるということです。

・・・つまり、非常に非常に、精巧につくられたマシンのようなものを想像すればいいのでしょうか。
コピー(=ブラック)を作り出すのは人や星など実体のあるものの意思によってであり、しかしそのものたちは、使い終わったコピーを回収するまでの責任が取れないのだと書かれています。そしてコピーはコピーであるにもかかわらず、そのうちには意識を手に入れたくなり、真実と同じくらい光輝いて、周囲はその偽りの彩に惑わされるのだと忠告しています。(映画マトリックスの、黒スーツを着たエージェントを思い起こしました。)

黒(ブラック)という色は、昔からどの地域も、お葬式に使う色でもあり、確かにイイ色、明るい色というポジティブなイメージはありません。ところが近年は、ブラックをある意味、"カッコイイ色"のようなイメージに仕立て上げられてきた感じがしないでもありません。私たちの社会が、コピーのようなマシンの世界へ向かいつつあるという、ひとつの現れだったのかもしれません。

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。
このブログやトゥファラを読んだ読者の洋服ダンスからは、今後、黒色が無くなっていくかもしれませんね〜。
「神社などの神聖な場所に行くときは、濃い色の服は避けて、なるべく薄い明るい色を身に着けて行くようにして下さい」
と、メリオンさんからの伝言です。

(文/編集部)
posted by yamanoshiroiie at 09:00| レッスン/宇宙秩序

2018年07月10日

リロの魂

IMG_3834-EFFECTS.jpg

肉体とその魂は、別々に存在しているということを以前の記事で紹介しました。
(パリスォンが発見した肉体と魂の図形)
う〜ん…でも、そうは言っても、魂という存在を見ることも触ることもできない私たちにしてみると、どうしても実感が持てません。
けれど、"リロの魂"について書かれているページを読むと、魂はたくさんの働きかけをしているのだということを、少し理解することができるのではないでしょうか。(トゥファラ本文P298〜)

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。
ヴィッツイから成長したメリオンは、ある魂からメッセージを受け取ります。それは、メリオンと同じビレムルの地に肉体を持っている、"リロ"という名の魂でした。
魂のリロは、ビレムルにいる肉体のリロに働きかけるために、メリオンに接触して助けを求めます。

私はあなたと同じ星で肉体を持ち、生きています。私の肉体はとても若く未熟です。心の穴を塞ぐつぎはぎは多く・・・・その穴を埋めていかなければなりません。そのために私は、ビレムルの地であなたに会う時間をつくらねばならないと思っています。あなたは受け入れてくれるでしょうか・・・


肉体を持つ地上のものに直接働きかけることが、どんなに困難なことか、メリオンはよく知っているので戸惑いますが、カビリやヴァンに励まされながら実行します。
ところが、やはりそれは、リロの魂や星の人たちが思うようには上手くいきません。

プルアーディで生きる私は、とても幸せで、やるべきことがわかっていて、必要なものはすべてそろっていました。魂の使命もはっきりわかっていたのです。しかしビレムルには、そのすべてがありませんでした・・・・忘れてしまったのかもしれません。・・・


リロの魂は今、自らの成長の分岐点に立っていて、ビレムルの肉体のリロに早くそのことに気づいてもらわなければならぬと、あちこち働きかけているのですが、地上のリロはそれが受け入れられず、魂の世界と地上の世界の、何ともかみ合わない展開となってしまったようです。

この話は、メリオンの身辺に起こったというだけのことではなく、私たちにも身につまされることかもしれません。
言ってみれば、地上で肉体を持って生きている私たちとは、リロと同じです。もしかしたらあなたの魂も、リロの魂のように、あなたに気づいてもらおうと、あっちへこっちへと、ヘトヘトになりながら動き回っているかもしれないのです。

ああ、魂くん…ガンバッテるんだね。
リロの魂の思いを考えると、なんだか切ないですよね。
それにしても、肉体が魂の声に気づくにはどうしたら良いものか…そんなことを思っていたところ、メリオンさんが、読者メンバーのRさんとこんな会話をしていました。

――私の魂の許容量の小ささをどう刺激したらいいのでしょうか…

メリオン:魂は小さくないのよ!じゃましてるのは小さな小さなあなたの脳ですよ。

――はい、そうでした。ほんとにこの脳みそ!固定観念の牢獄だと感じます。

メリオン:
宇宙の言葉から、時間と空間が変化します
異空間の気から、脳に揺さぶりを起こしてください
次第に、大きく大きく、広がっていくでしょう


・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

やはり犯人は"脳"であったか!
メリオンさんは脳に揺さぶりをかけろとおっしゃいます。
私たちは未だに脳の数%しか使っていないのだといわれていますから、残りの使っていない脳をたたき起こせっ!ということですね。


(文/編集部)


posted by yamanoshiroiie at 09:00| ラウンジ(談話室)