2018年09月03日

大地の再生〜"地球の庭師"矢野智徳氏に学ぶ

熱海の川.JPG

日本の大地の7割は森林です。日本は世界でも有数の森林国なのです。
ところが、人々の多くが便利な市街地で暮らすようになった現在、山や森について考えたり親しんだりする感性がどんどん失われてきたように思います。
そんな中にありながら、森と大地を見つめ、その声をずっと聞きながら、コツコツと活動を続けて下さる方々がいらっしゃると知りました。
今回はそのおひとりである矢野智徳さんをご紹介します。矢野さんは「地球の庭師」「大地の再生師」とも呼ばれているそうです。

◎矢野智徳氏についての詳細は以下のリンク先等をご覧ください。
一般社団法人 大地の再生 結の杜づくり 代表理事/NPO法人 杜の会 副理事長
紹介ページ/私の森.jp・Facebookページ「大地の再生 結の杜づくり」

矢野智徳さんは、北九州市で植物園を営むお家に育ち、子どもの頃から木や森に親しんできたのだそうです。そして大学時代、授業よりもまずは現場をこの目で見たいという強い思いで一年間の放浪の旅に出ます。日本中の山や森をひとりで歩いて回ったそうですが、重いリュックを背負って毎日数十キロの山中を歩くその旅は、危険と背中合わせの大へんな冒険です。その貴重な体験の数々と、大学で得た自然地理学の知識を基に、現在「造園」という仕事を通して日本全国の森の整備、大地の再生に取り組んでいらっしゃいます。

矢野さんは、自然環境を再生させるためには、水脈と空気の流れを整えることが大事だといいます。水脈は大地の血管。その詰まりを取り除いてあげるだけで、瀕死の状態に思えても大地は再生できるのだそうです。それは矢野さんが、息も絶え絶え、死に直面しながらの放浪の旅の経験が教えてくれたものだということですが、まさにそれは、地球が生きているということを、物語っているのでしょう。

以下は水脈について熱く語る矢野さんの動画です。
https://www.facebook.com/yotutin/videos/1789255264430837/

森に入って、川を遮る小さな小枝を取り除くだけでも水脈を整える助けになるのだそうです。私たちにも出来ることがあるんですね!

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。
そういえば、先日伊豆ジオガイドツアーに行ったときのこと。
メリオンさんが子どもたちと水遊びをしている最中、転びそうになり、みんなの顔が一瞬蒼白に・・・!
尻もちをついただけで事が済み、ホ〜っと安心したのですが、後で聞いてみましたところ、矢野さんのお話に共感したメリオンさんは、水の流れを遮る小枝を取り除こうとして滑ってしまったのだとか。
即行動に移す!その行動力はさすがですが、気を付けてくだされ〜

それにしても、大地のこと、地球のことを、こんなに愛している人々がいらっしゃることに、感謝感激です。
そして思うだけでなく、実際に行動に移し、現在の人々の生活に密着した活動をする方たち。それこそがスィオニの仕事なのだと改めて気づかされます。
地球上の各地に立っているたくさんのスィオニたちを、これからもご紹介していきたいと思います。

*上記の矢野智徳氏については、一般社団法人 大地の再生 結の杜づくり 代表理事矢野智徳氏に許可をいただき掲載しております。
(文/編集部)
posted by yamanoshiroiie at 08:47| 光の活動/スィオニを探せ!

2018年08月27日

伊豆ジオガイドツアー

ジオ1.jpg

伊豆半島がジオパークとしてユネスコ世界ジオパークに認定されたのは今年4月。ただ今伊豆半島ではジオガイド活動が活発になっております。
そして今回、光の塔の仲間が伊豆ジオガイドとしてデビューし、初ガイドツアーを開催したので皆で参加してまいりました。
ジオ2.jpg
まずは情報発信地として修善寺に設置されているジオパークミュージアム『ジオリア』に集合しました。
ここでは映像や展示の数々で伊豆半島形成の歴史や山や地質のことなどをとても分かりやすく見せてくれています。
最初に見せられた『地球形成→伊豆半島衝突」の映像はなかなかの圧巻!大人も子どもも、「へぇ〜」「わぁ〜」と、驚きの声があがります。
45億年のとてつもなく長い時間の変動を映像で早回ししながら眺めたことで、「地球は生きているんだ!」ということをつぶさに実感できました。
ジオ3.jpg
そして壁づたいには、山や地質の詳細が展示されています。
実物の石や砂を手で触れられるようになっていて、ところどころにちょっとした発見グッズも置いてあるので、楽しみながら見ることができます。実験コーナーや伊豆半島の立体映像などの設備もあ、顕微鏡を前に子どもたちもワクワクです。

さて、ここでジオについてしっかりお勉強したところで、現場へGO!
今回ここにご紹介するのは、伊豆ジオパークの中でも穴場スポットといわれている旭滝。
ジオ4.jpg
旭滝の紹介ページはこちら
ここの見どころは、マグマが冷え固まる際に形成される「柱状節理」といわれる岩々。
普通の柱状節理は、岩が縦に立ち並ぶそうですが、ここでは横になっていて、それがお城の石垣のように大きな段々を作っております。
この日、滝水の量は少なかったのですが、かなり高いところから流れ落ちる滝は、なかなかに見ごたえもあり、大地のダイナミックな活動を垣間見ることができました。

滝水の清々しい気の中で、子どもたちは水遊びを楽しんでいました。
するとメリオンさんもいつの間にか、子どもたちと一緒に水の中へ…(!?)
いやいや〜、毎度のことではありますが、いつもメリオンさんが最もパワフルなのです。さすが、"かがやきの戦士メリオン"…脱帽ですね!

みんなに最も伝えたいことは、「地球が生きている!」ということだと、初ジオガイドのマルルさん(←ニックネーム)が最後に熱く語ってくれました。
子どもたちも、「うん、わかった!」と元気に答えてくれて、初ガイドはまずまずの大成功!
みなさん、おつかれさまでした。

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。
ジオ(geo)とは、大地や地球のことですが、私たちが地球のことをもっとよく知り地球を愛する心を育てることは、スィオニにとってとても大切なことです。

生きづく地球とともに私たち人間もここに居るのだと感じたとき
言い知れない感動と、感謝の気持ちが湧いてきました
地球さん、今までごめんなさい…
地球は、私たち人間のことをずっと見守っていてくれたというのに
私たち人間はどれだけ長い間、無視してきたことか
これからは、ともにゆく道を、きっと探していきます


(文/編集部)


posted by yamanoshiroiie at 07:00| 光の活動/スィオニを探せ!

2018年08月20日

ネイティブ・アメリカンが大切にしている20のこと

6213458510_3daf7325d3_b.jpg

仲間のひとりが、ある記事をFacebookでシェアしました。
するとメリオンさんから、「これこれ、これをみんなとシェアして!」という呼びかけがありました。それは「ネイティブ・アメリカンが大切にしている20のこと」という日本語タイトルの記事なのですが、改めたものをここに紹介いたします。

The Native American Code of Ethics(ネイティブ・アメリカンの倫理規定)
インターネットで検索すると、いろいろな言語でたくさんの方が似た記事をシェアしているようです。情報源がなかなか見つからなかったのですが、どうやら、北米のニュースを扱っているInter Tribal Times誌というメディアが1994年に出版したとのことで、その内容に多くの人が共感したらしく、インターネットを通じて世界中に拡散している模様です。
以下は紹介記事のリンク先のいくつかです。
The 20 Native American Codes Of Ethics
Native Americans Left A Code Of 20 Rules For Mankind To Live

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。
※各記事によって多少の表現の違いがあるようです。ここには「Native Nation America」というメディアの記事から英文と一緒に紹介します。(日本語訳は勝手な解釈を避けるため、直訳に近いものにしてあります。どなたか素晴らしい適切な日本語にして下さる方がいたら編集部までお知らせ下さい!)

1. Rise with the sun to pray. Pray alone. Pray often. The Great Spirit will listen, if you just speak.
日の出とともに祈りましょう。ひとりで、幾度も!あなたが話しかけるときのみ、魂(グレイトスピリット)は(耳をかたむけて)聞いてくれます。

2. Be tolerant of those who are lost in their path. Ignorance, conceit, anger, jealousy and greed stem from a lost soul. Pray that they will find advice.
道を失った人に寛大でいましょう。無知、自惚れ、怒り、嫉妬、強欲は、失われた魂から生じます。彼らが道を見つけるのを祈りましょう。

3. Search for yourself, by yourself. Do not allow other people to make your route for you. It is your road, and yours alone. Others may walk it with you, but no one can walk it for you.
自分自身で自分を見つけてください。他の人にあなたの道を作らせてはいけません。その道はあなただけの道。誰かがあなたと一緒に歩くことはあっても、誰かがあなたの道を歩くことはできません。

4. Treat the guests in your home with much thought. Serve them the best food, give them the best bed and treat them with respect and honor.
ゲストには最高のおもてなしをしましょう。彼らには最高の食べ物と最高のベッドを提供し、尊敬と敬意の念でもてなしましょう。

5. Don’t take what isn’t yours whether from a person, a community, the wilderness or from a culture. It wasn’t earned nor given. It isn’t yours.
それがあなたのものでないなら受け取らないでください。たとえそのコミュニティや人、文化、土地に属していたとしても、そこにはあなたが得るものはなく、与えられてもいないのです。

6. Respect all things that are placed upon the earth if it be people or plant life.
地球上のすべての生命を尊重しましょう。人も、植物も。

7. Honor other people’s thoughts, words and dreams. Never interrupt another or mock or rudely mimic them. Allow each person the right to personal reflection.
他者の考えや言葉、夢を称えましょう。けして人の邪魔をしたり、嘲笑ったり、真似したりしないこと。誰もが己を表現する権利を持っているのです。

8. Never speak of others in a bad manner. The negative energy that you put out into the universe will multiply when it returns to you.
他人の悪口をけして言わないこと。あなたが宇宙に負のエネルギーを出すと、それは増幅してあなたに戻ってきます。

9. All persons make mistakes. And all mistakes can be forgiven.
誰もが間違いを犯します。だからすべての間違いは許されるのです。

10. Bad thoughts cause illness of the mind, body and soul. Practice optimism.
悪い考えが体や心、魂の病気を引き起こします。楽観的でいましょう。

11. Nature is not FOR us, it is part of us. Animals, plants and other living creatures are all a part of your family.
自然は私たちのためにあるのではなく、私たちの一部です。動物も植物も、全ての生き物が私たちの家族です。

12. Children are the seeds of our future. Plant love in their hearts and water them with wisdom and life’s lessons. When they’re grown, give them space to develop.
子どもは私たちの未来の種です。彼らのハートに愛を植え、智恵とレッスンの水で浸しましょう。そして彼らが成長したら、開花するスペースを与えてください。

13. Avoid hurting the hearts of others. The poison of your pain will go back to you.
他人の心を傷つけないでください。その毒は、あなたの痛みとなって戻ってきます。

14. Be honest at all times. Honesty is the test of one’s will within this universe.
いつも誠実(正直)でいましょう。誠実(正直)さはこの宇宙の中において、その人の意志のテストなのです。

15. Keep yourself balanced. Your Mental self, Spiritual self, Emotional self, and Physical self have to be strong, healthy and pure. Work out the body to strengthen the mind. Grow rich in spirit to cure emotional ails.
バランスをとってください。あなたの心、精神、感情、そして肉体が、強く健康で、純粋であるように。体を動かし、心を強くし、精神を豊かにし、そして感情が病を治します。

16. Make conscious decisions as to who you will be and how you will respond. Be accountable for your actions.
あなたが誰になりたいのか、どのようにしたいかを、意識的に決断してください。あなたは自分の行動に責任があるのです。

17. Respect the privacy and personal space of others. Don’t touch the personal property of other people − especially sacred and religious objects. This is forbidden.
他者のプライバシーと個人的な空間を尊重してください。個人的な財産や神聖な持ち物に触れてはいけません。それは禁じられている行為です。

18. Be true to yourself. You cannot nurture and help others in the event that you can’t nurture and help yourself.
自分に忠実(自分らしく)でいてください。あなたが自分自身の面倒を見れないようなら、他の人を助けることなどできません。

19. Respect others religious beliefs. Don’t force your belief on others.
他者の信仰するものを尊重してください。あなたの信念を他の人に強制してはいけません。

20. Share your good fortune with other people. Participate in charity.
他の人々と幸を分かちあいましょう。奉仕に参加しましょう。

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。
ひとつひとつを読み返してみると、どれもが、しごくもっともな、とても基本的なことばかりです。
「うん、そうだよね、分かってはいたんだけど…」
私たち多くの現代人は、社会のしくみに呑み込まれながら、日々の忙しさに追われながら、こうした大切にすべき基本的なことを、棚上げにしてきてしまいました。

ところが、アメリカン・インディアンの人々は、これらの大切なことを、何千年ものあいだ、きちんと守って生きてきてくれたのです。彼らのおかげで、今私たちは、こうしてそれに触れることができます。何て素晴らしいことでしょう!

「これはまさに、宇宙ね!」
と、メリオンさん。
そして「未来の地球、未来の学校にも、こういうのが必要になってくるのよ。みんなで創りましょう!」といいます。

おお、それは責任重大だ!
…とにもかくにも、まずはこれらインディアンたちが教えてくれる大切なことを、意識的に(←これ大事なこと)、実践してみることに致しましょう。



(文/編集部)

posted by yamanoshiroiie at 07:00| ラウンジ(談話室)

2018年08月13日

光の柱のある神社

IMG_2598.jpg
(※写真は伊豆山神社の本宮。記事の内容とは直接関係ありません。)

ここ数年、"パワースポット"なるものが流行りだしたせいでしょうか。人々のあいだでは神社巡りがことのほか盛んになっております。
そもそも神社というのは日本独特のものであり、その起源は山や岩など、神が宿るといわれるその地の自然を祭ったことからだと考えられています。
そして日本全国の大小の神社を数えると、10万社以上もの神社があるのだそうですが、現存する最古の神社は奈良県にある大神神社ということです。大神神社は、古事記にある大国主神が大和の国づくりをしている際に、力を貸してもらったという、大物主神を祭った神社なのだそうです。

さて、そこでちょっと気になるのは、本当に神社というところには、何かパワーのようなものが実際に宿っているのかな?ということです。古代から伝わる聖域を、むやみに疑うわけではありませんが、見えないものを感じる能力を失っている現代人の私たちとしては、その真相を知りたいのも正直なところですよね。

そんな疑問を密かに抱いていたところ、整合性会議で神社の話題になったので、その内容をこちらにシェアしたいと思います。

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。
メリオン:先日、ある神社に行きましたが、そこにはどこを探しても、光の柱がありませんでした。しかし、出雲大社(出雲大社の東京分祀)は、六本木の繁華街にあるにもかかわらず、本殿の前に立ったとき、その柱の太さに圧倒されました。

Y氏:光の柱とは、宮司さんの光の塔の質が反映されているのでしょうか?柱の太さは、スィオニの魂の密度と仕事の質によって決まるのでしょうか?

メリオン:はい、そうだと言えます。出雲大社は、集めた光の気が巨大なものになったとも言えるし、もともと地の気が巨大だったから社を立てたとも言えます。そしてその宮司さんの仕事が、それをそのまま維持できていて、あるいは、ますます大きくしているのかもしれませんね。集めた気は、扱う者によって、無くなってしまうこともありますが、地が引き受けた気は地の気としていつまでもあり続けます。"山の白い家"(トゥファラに出てくるヴィッツイの住む家)はもともとあった地の気が美しい空間を作っていました。そしてわたしが、更に気を集めたのです。そこに社を建てるように星の人から言われましたが、わたしは社は建てずに、美しい気だけをその地に残してそこを離れることにしたのです。

――なるほど。すると今ある神社は、やはりやみくもに社を建てたわけではなく、その地に光の気が集まっていたからか、あるいはその地に光を集めた何か(誰か)がいたからと考えていいのですね。ただし、集めた気の場合は、その後の扱い方によっては失われている可能性もあると…。

R氏:では、美しい気の立つ場所に社を建てたということですが、神社というのは、宇宙との扉だと考えていいのでしょうか?あるとき、寂れた神社の奥に立つ立派な木が、宇宙とのアンテナのように思えたことがあったのです。「神社なのに宇宙」と感じた自分を、不思議に思っていたのですが…。

メリオン:そうだと思いますよ。"宇宙"というと、あまりに遠すぎる感じがするのでしょうね。だから"神"という表現になったのかもしれないけど、わたしは逆に、宇宙に立っているので、神ではなんだか小さいと感じてしまうし、間違うと個人的な感じにもなってしまうし…。"オオクニヌシの命"でいいの?って思うけど、その方がなんだカワイイし、誰もが安心するんでしょうね。わたしとしては、もうそろそろ"宇宙"でいいじゃない?怖くないよ!といいたいけれどね。

R氏:なるほど!カワイイんですか!そのカワイさはまだ私にはわからないですけど。でもやっと腑に落ちました。これからは、自分が感じたままを信じようと思います。

メリオン:その「なぜ?なぜ?」が、宇宙の扉を開けますよ!アロンさんは人の肌の横も宇宙だよ、吸う空気も宇宙だよ!といっています。"宇宙"というネーミングが、敷居を高く感じさせてるかもしれないですね。新しい言葉を見つけるのも仕事のひとつですよ!宇宙でも神でもないもの考えてみたらどうかな。

R氏:多くの地球人が思う宇宙って、結局、地球産神様の高さまでなんですね。

メリオン:その通りね。宇宙の捉え方はそれぞれで、その魂の写し鏡ともいえます。その領域にしか認識が持てないのね、だから、神になったり宇宙であったりと、差があるんですね。みんなの意識がお揃いになるのは容易ではないですね。
577px-Ōkuninushi_Bronze_Statue.jpg
(写真/出雲大社にある大国主命ブロンズ像〜Wikipediaより)

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。
というわけで、この日の話は、神社から『神』にまで発展していきました。
たしかに、神社の宮司さんのお話を聞いたりすると「何だか宇宙的な話をしているなあ」と思ったりすることもままあるのですが、メリオンさんの言う通り、"宇宙"じゃあまりに遠すぎて実感が湧かないので、"〇〇の神様"という表現で可愛らしくして、人々に身近に感じてもらおうとしたのかもしれませんね。
ん?すると宮司さんらは、本当のところ、宇宙についてもっとリアルな事実を知っているのかな?今度、宮司さんにお話を伺う機会があったら、「怖がらないので、宇宙について本当のことを教えて下さい」とでも聞いてみようかな…な〜んて思ったりしました。

ところで、『神』という概念は世界各地にありますが、その捉え方や意味あいは、それぞれの地域の文化や宗教と相まって微妙に異なるものです。それは「ゴッド=God」であったり、「デウス=Deus」であったり、「アッラー=Allah」と呼ばれたり、あるいは「タオ」や「シヴァ神」と呼ばれたり…。

また、古代においてはどの地域にも、この世界の創造にまつわる神話のようなものが必ず存在していましたが、物質的なものしか理解できなくなってしまった現代に至っては、『神』については、「信じる」か「信じない」かという、非常に曖昧で空虚な存在として語られるようになってしまいました。結局、私たち人間は、『神』も『宇宙』も、どう理解したらよいか、どう扱ったらよいか、未だに分かっていないということのようです。

しかしそもそも、『神』という概念とは、「この世界を創造したのは誰か(何か)?」という、人々の素朴な疑問に答えるものであったというのが、人類の共通した思いだったのかもしれません。もちろん、人間にとっての「この世界」というのは、地球という小さな小さな惑星の、限られた世界のことなのですが。

けれど『トゥファラ』という新世界に触れた私たちは、「この世界」とは、もっともっと、広い宇宙に広がっているんだなと、少しずつ、ベールの向こうを見ようとするようになりました。やがて私たち人類も、信じる「神」ではなく、「宇宙」の真実を、きっと理解するようになる日が来るのでしょう。ただし、その歩みは、人それぞれのペースがあるのかもしれません。メリオンさんの言うように、みんなが揃うのは容易ではないかもしれないけれど、スィオニを目指す私たちは、少しだけ先に進む努力をして、灯台のような役目が担えることが、ひとつの大きな目標でもあるのです。


(文/編集部)
posted by yamanoshiroiie at 07:00| ラウンジ(談話室)

2018年08月06日

Green School〜竹でできた学校

GreenSchool.jpg

未来の星、"トゥファラ"を訪れたヴィッツイは、学校を見学します。そこで見た学校や子どもたちの様子に、ヴィッツイは大きな衝撃を受けます。それらはどれも、ヴィッツイの星とはまったく違うものでした。そんなヴィッツイが戦士メリオンに成長したとき、メリオンは戦士の仕事のひとつとして、ビレムルに、ある建物を建てました。それが『光の塔』の中でコリトが魂に出会った、あの、白い塔です。
「子どもたちが、自分の魂の声を聞けるような施設がビレムルにあったらどんなにステキだろう!」
戦士メリオンはそんな夢を描き、ビレムルの地にそれを実現させたのでした。

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。
"魂の声を聞ける学校"があったら、どんなに素晴らしいことでしょう!

現在の私たちの世界でも、子どもたちがさまざまな問題を抱えているのを耳にします。それは日本だけでなく、世界中の国々に起こっている問題です。未来の子どもたちのためになる学校って…?探せばきっとどこかにあるはず!大人の私たちでさえ「わぁ〜行ってみたい!」とワクワクしてしまうようなステキな学校が!

そんな話題で盛り上がっていたところ、仲間のひとりがステキな学校を見つけて知らせてくれました。
Green School Bali

インドネシアのバリ島にあります。
校舎はバリ島の伝統的技法によって竹で創り上げ、全て自然のままに、非常に創造的でダイナミックな建物です。電気や水道などの設備も、なるべく地球環境に優しくなるよう工夫されています。
幼稚園から高校生までの教室があり、子どもたちの創造性や自主性をより引き出すようなカリキュラムやシステムを工夫しています。

Green School Bali(https://www.greenschool.org/)

バリ島といえば、一時は日本人の海外旅行先1位に挙げられていたこともあるくらい、日本人には親しまれてきた島ですね。もちろん日本からは「すぐにでも行こう!」というわけにはいきませんが、こちらの学校は国籍など関係なく、世界中から生徒さんを受け入れています。
世界の中の小さな小さな島にできた小さな小さな学校が、世界中の未来の学校モデルになるなんて、ちょっとステキなことですね。

YouTubeで「Green School in Bali」を検索すると、いろいろな動画がアップされていますので、興味のある方はぜひ情報を受け取ってください。
ここでは、この"世界一ステキな学校!"に通う2人の姉妹がTEDでスピーチする頼もしい姿と、彼女たちの素晴らしい活動の動画をご案内します。

彼女たちは、バリ島に排出されるプラスチックゴミを減らすための活動をしています。
(日本語翻訳を見るためには、設定マーク(歯車)をクリックして字幕を日本語にして下さい。機械翻訳なので少々頼りないですが、大体の意味は把握できると思います。)

こんな自由でのびのびした学校に通う子どもたち。
きっとたくさんのスィオニたちが育っていくに違いないと思います。

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。
この学校を創設したのは、それぞれカナダとアメリカからやってきてバリ島で出会ったというご夫婦。2人はバリ島で宝石店を営み、成功を収めていました。そしてある日、ご主人のジョン・ハーディ氏が、妻のシンシアから映画を観せられたのが始まりです。その大きな衝撃によって彼の行動は開始されたのでした。

ジョン・バーディー氏が触発されたというその映画とは…
元米国副大統領アル・ゴアさんが主演する「不都合な真実」です。
放映された2006年当時、とても話題になり、ドキュメンタリー賞などたくさんの賞を受賞し、世界に地球環境への関心を呼び覚ましました。アル・ゴア氏の誠意が伝わってくるGoodな映画ですね。

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

(文/編集部)
posted by yamanoshiroiie at 07:00| 光の活動/スィオニを探せ!