2018年10月05日

『トゥファラ』はどこで購入できますか?

トゥファラポスター2.jpg

『トゥファラ』はどこで購入できるのですか?という質問を時々いただいていると聞きましたので、本日は、改めて本のご紹介を致します。
・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。
『トゥファラ』が発売されて1年と7か月。
この本は、静岡県限定で販売されたので、全国の人々の目に触れるチャンスが少ないのはちょっと残念なことです。しかし大々的なPRができないその一方で、読んでいただきたい方、読む準備の出来ている方には、自然と引き寄せられるようにその方の手に届くという、不思議な出逢いも度々おこっているのです。
そして、発売当時の読者さんのインタビューでは、(写真に掲載した)ポスターに惹かれて本を手にしたという方が圧倒的に多いようです。
ポスターは、本の挿絵を描かれた中村修さん(パリスィオンさん)の手作りのポスターでした。白地のポスターに描かれた"トゥファラ"という聞きなれない言葉。どことなく人間離れした人の姿。とてもシンプルなポスターですが、本屋さんの店頭でひらひらと、なぜかしら、不思議な光を放っていたのかもしれませんね。
トゥファラポスター.jpg

【"トゥファラ"の購入方法】
『トゥファラ』は以下の方法で入手することができます。
『トゥファラ』取扱店より購入
※上記のリンク先にリストがあります。各書店さんにご注文をして下さい。
Amazonで購入

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。
(本を手にしてみたい方の参考に…)
◎ホームページ"山の白い家"で第一章と他一部のページを読むことができます。
◎ある読者が書いた読書書評です。

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。
合わせて読んでいただきたい〜絵本『光の塔』
光の塔
------------------------------
「どちらの本を先に読んだらいいですか?」という質問をいただきましたが、もちろん、どちらからでも構いません。
『光の塔』には『トゥファラ』と同じ登場人物がたびたび出てくるので、『トゥファラ』を先に読むと、登場人物へより一層親しみが持てるかもしれません。
『光の塔』は挿絵がたくさん描かれている絵本のような形態です。お話の内容は主人公の少女コリトの宇宙の旅。100ページほどの、大人の絵本というイメージで、星々のユニークで美しい様子をイラストとともに観ることができます。絵本好きの方はぜひどうぞ。また、文字を読むのが苦手という方は『光の塔』を先に読んで、その世界観に親しんで更に興味が湧いたら、ぜひ『トゥファラ』もお手に取って下されば嬉しいです。

【"光の塔"の購入方法】
※『光の塔』は全国販売しております。お近くの本屋さんにご注文ください。
Amazonでの購入も可能です。

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。
また、2冊の本において、以下の図書館で閲覧することができます。

国立国会図書館・本館…『トゥファラ』『光の塔』
国立国会図書館・関西館…『トゥファラ』『光の塔』
磐田市立図書館(中央図書館)…『トゥファラ』
長泉町民図書館…『光の塔』


これらの本が、一人ひとりに届くたび、小さな光がひとつ、またひとつと、灯るような思いを抱きながら、ブログ「光の塔通信」は、今後も発信していきます。何卒よろしくお願い申し上げます。


(文/編集部)
posted by yamanoshiroiie at 07:00| 本の紹介

2018年09月28日

ジオツアーPart2〜中秋の名月編

中秋の名月.jpg

先日、ジオガイドとしてデビューを果たした"やっちゃん"!
やっちゃんの主催する伊豆ジオツアー第二弾にみんなで参加してきました。

今回のツアーコースは修善寺ジオパークを起点に、西伊豆の烏帽子山中腹にある雲見浅間神社に参拝し→東伊豆の大室山で中秋の名月を楽しむという、まさに伊豆半島横断コースです。更には、雲見浅間神社において石笛とディジュリドゥの奉納演奏も行われ、実に濃密なツアーとなりました。

ジオガイドやっちゃんのツアー開始のご説明によりますと、烏帽子山は伊豆最古の地層、2000万年前の地層がある西伊豆エリアに位置し、一方の東にある大室山は4000年前にできた火山なのだそうで、この日、私たちは、およそ2000万年の時空の旅をすることになるのだと言います。そんなふうに説明されちゃうと、何だか妙にワクワクしてきますね。(やっちゃんお客の気分を乗せるのなかなか上手いね〜)
そして参加者には淡路島や神戸からわざわざいらした方々もおり、実に多彩なメンバーの集まりで、道中の車内も楽しく盛り上がっていた様子です。

この、あまりに濃厚で圧縮されたツアーのすべてお伝えすることはできそうにありませんが、ぜひ記憶に残しておきたいところを、ピックアップしたいと思います。

まずは烏帽子山の写真をご覧ください。
烏帽子山.jpg
(写真は伊豆ジオパーク公式サイトより)
標高160メートルの高さにそびえる火山の根なのだそうです。

eboshiyama-32.jpg
(写真は"そうだ、伊豆いこう"サイトよりお借りしています。)
少々急ぎ足コースのため山に登る時間がないのは残念でしたが、山頂からの眺めはこんな感じなのだそうです。絶景ですね。

そしてこちらが雲見浅間神社の拝殿。
雲見浅間神社.jpg
この日、このツアー参加者のために沼津から宮司さんがいらして、とても良いお話をして下さいました。

富士山を中心に数ある浅間神社には、日本神話に登場するコノハナノサクヤヒメが祀られていることで知られていますが、この雲見浅間神社には珍しくイワナガヒメが祀られているのだそうです。
=====================
コノハナノサクヤヒメとイワナガヒメの神話より

日本神話に登場するお2人の姫は、クニツカミの父神(オオヤマツミ)の娘。ある日、アマテラスの息子ニニギノミコトは美しいコノハナノサクヤヒメに一目惚れをし、オオヤマツミに結婚の許しを願い出ます。オオヤマツミも大へん喜んで、ニニギノミコトの繁栄を願い、一緒に姉のイワナガヒメも差し出したいと申し出ました。ところがイワナガヒメは大そうなシコメであり、岩のようにゴツゴツした顔をしております。するとイワナガヒメを見たニニギノミコトは恐ろしささえおぼえ、イワナガヒメを返してしまったのです。オオヤマツミは嘆き怒りました。姉を一緒に差し出したのには理由があったのです。コノハナノサクヤヒメは桜のように美しく華やかでも、いずれ散ってしまうはかない命。そして一方のイワナガヒメは永遠の命である大地を象徴していたのです。2人の姫を共に妻にすることが、ニニギノミコトの永遠の繁栄を祝うことだったのです。この出来事のため、ニニギノミコトの命は限りあるものとなり、私たち人間もそのようになってしまったのだと神話にはあります。

2人の姉妹は仲直りした!?
そして神話は、別の悲哀も作り出します。突き返されてしまったイワナガヒメは深く傷つき、身を隠すように暮らすようになってしまったのです。妹のコノハナノサクヤヒメは、お姉さんに会えなくなって寂しくて寂しくて仕方がありません。お姉さんは何処にいるのかと探し求める気持ちが、富士山をぐんぐん高くしてしまったのだと、宮司さんは話してくれました。

そして宮司さんの話は続きます。
「しかし…、姉妹はそろそろ、和解しても良いのではないかということを、宮司たちと話しておったのですよ。それで5年前から、箱根神社やらいくつかの神社と一緒になって、富士山の日、2月23日に、仲直りの儀式を執り行っているのです。そうしたらですね、4年間、その日は雨ばかりでした。ところが、今年は晴れたんですよ」

何という朗報!宮司さんたちの計らいで、コノハナノサクヤヒメとイワナガヒメは、今頃、手を取り合っているに違いありません。

イワナガヒメを祀ってあるいくつかの神社の中でも、富士山が望めるのはこの雲見浅間神社だけだそうです。拝殿の脇の木陰の合間からは、清々しい青い海の向こうに富士山がくっきりと見えています。その美しい景色を眺めながらメリオンさんもこう言います。
「神様は妬んだりしないのよ」
そうですよね。
そもそも2人は喧嘩などしていなかったのかもしれません。妬みや怨みを想像したがるのは人間の愚かな習性。それでもイワナガヒメは、自分の役目を果たす場を失ってさぞ落胆したに違いないし、コノハナノサクヤヒメはひとりぼっちでさぞ寂しかったことでしょう。
でも、もう大丈夫ですね!
宮司さんのお話を聞きながら、私たち人間は、怨む神、妬む神、罰を与える神を、やっと手放していけるのじゃないかと、ホッとした気持ちになりました。

宮司さんの喜ばしいお話の後、リョウさんの石笛とディジュリドゥの奉納演奏が行われました。
写真はその後の月見の際のものですが、ここで一緒にご紹介します。
ryouさん.JPG フエ.jpg

ディジュリドゥとは、オーストラリアの原住民アボリジニの楽器だそうです。そして手前にある木の笛は、リョウさんが自分で作られたのだとか。
笛の音が、広くはない拝殿の中に鳴り響きます。その不思議な音に聞き入りながら、落ち着きはらって笛の音を鳴らし続けるリョウさんの姿を見て、「いつ息してるの?」などと余計なことを考えはじめ…、しかし他の人も同じことを思っていたらしく…。
終わった後に説明してくださいましたところ、なんと、口で息を吐きながら、同時に鼻で息を吸っているのだそうです。また、譜面は用意しておらず、その場や聞いている人々に同調しながら感覚で音を奏でているのだと言います。
この日はきっと、コノハナノサクヤヒメとイワナガヒメの再会を祝う音だったに違いありませんね。

そして日も暮れるころ、伊豆半島を横断することひとっ飛び、大室山で中秋の名月会。
大室山.jpg
(写真は大室山関連の公式サイトより)
リフトで頂上に着くころには、満月がくっきりと見え始めておりました。
この日の天気予報は前日まで"雨"。
ところが、朝から一日中晴れ渡り、山間の空にかわいらしい雲がぷかぷかと浮かぶ、とても気持ちの良いお天気で、月の見える頃には、空は一層澄みきっているではありませんか。
これは、地球さんと、天の計らいに違いない――。
満月へ向かう光の道がほのかに色づき、美しく輝いておりました。(TOPの写真)

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。
いかがでしょう。ツアーに参加していない方も、少しだけ気分を味わって頂けたでしょうか。
今回のツアーで、神話の姫たちの仲直り儀式が執り行われているという宮司さんのお話は、大へん興味深いものでした。
以前の整合性会議で、「コノハナノサクヤヒメを地上の肉体、イワナガヒメを魂と捉えることもできるのよ」と、メリオンさんが言っていたことがありますが、この仲直りの儀式とは、肉体と魂の融合を暗示するかのようにも思えてきます。

昼と夜が同じになる秋分のトキ、そして太陽と月と地球が一直線に並ぶトキ。それは、光と闇、男と女、あらゆる両極がお互い溶け合う、その瞬間を垣間見せてくれるようでもあり、月への光の道は、人間がこれまでの分離の社会から融合へと向かう道筋を、優しく示してくれているような気がしたのでした。



(文/編集部)
posted by yamanoshiroiie at 07:00| 光の活動/スィオニを探せ!

2018年09月21日

お話会のご案内

トゥファラ表紙

◎お話会のご案内
静岡県浜松市で『トゥファラ』『光の塔』著者とのお話会を開催します。

日時:10月3日 10:00〜
場所:南部協働センター(静岡県浜松市中区)
参加費:1500円(参加人数により多少変わります。)

※申し込み方法
・以下のアドレスに【ご氏名・連絡先メールアドレス、もしくは電話番号】を記載の上、「お話会参加希望」と明記して送信下さい。
tammove@yahoo.co.jp
詳しいご案内を後ほど返信いたします。
・Facebookに登録している方はイベントページから申し込むこともできます。
その場合は、主催者に参加希望の旨をメッセージでお送りください。
https://www.facebook.com/events/1927915060622888/?active_tab=about

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。
今回、久しぶりのお話会です。
お近くの方はご参加くだされば嬉しいです。
このブログを読んでいる方、あるいは既に本を読んだ方
「トゥファラってどこにあるの?」など、メリオンさんに質問できるチャンスです。
(少人数での開催となりますので定員になり次第締め切ります。)


(文/編集部)
posted by yamanoshiroiie at 00:00| お知らせ/雑記

2018年09月17日

球体と箱

IMG_1164.JPG

このブログは、"『トゥファラ』を読み解く"という役割を果たしていきたいわけですが、『トゥファラ』を理解するということは、"宇宙秩序"を理解するということです。
それは…宇宙という広大なフィールドの、大人の仲間入りができていない、まだ小学生、中学生の地球人にとっては、少々高度なお勉強ということなのです。
何度読み返しても、チンプンカンプンなページが、まだまだたくさんあります。
そもそも、地球上にその概念がまだないので、理解する言葉も見つからない…というのがホントのところ。

その中でも、「コレはちょっと難解だよ!」というテーマのひとつ、「球体と箱」について、考えてみようと思います。
最近の集まりに参加してくださったKさんが「球体と箱のところがさっぱりイメージできませ〜ん」と、メリオンさんに質問してくれたので、その問答をちょっと参考にさせていただきましょう。

メリオン:あなたの球体魂は絵描きの箱の中に入ってるわよ。(Kさんは絵描きです。)
K:絵描きの箱?…透明な箱って書いてあるんですけど…観念とか自己イメージのことかと思ったり…箱って肉体のことではないの?
メリオン:肉体=箱ということではないの。あなたは肉体で表現する方法が絵描き。それを箱と考えればいいの。あなたは絵を描くことが魂の仕事なのでしょ?
K:魂の仕事だと思います。でもちゃんと見張っていないと、魂の仕事ではない方向へずれてしまうのです。
メリオン:そうです。そうやって見張りながら箱の中で魂の仕事をしている、その箱のことです。

「球体と箱」について書かれてあるページは(『トゥファラ』P271〜)です。
おそらくこれも、私たちが魂の声をちゃんと聞こえるようになったり、その存在や、空間や時間を、理解することができるようになったら、自然と分ることなのだと思います。(…早くそうなりたいよね)
ですが、今はせめてと、地球の実態に合わせながら、メリオンさんは上記のように説明してくれました。

「箱」は、宇宙で"隠れ家"という意味を持つのだそうです。
球体というのは魂のことです。大元の魂から分離して遠く旅に出ている、魂の一片(=私たちそれぞれの魂)。想像してみれば、何のあてもなく、ただフワフワ〜と、広い宇宙空間を漂っていたり、移動したりするっていうのも、心もとないですよね。
だとすると、落ち着ける居場所がいくつか必要かもしれないです。
その隠れ家は、その魂がその魂らしくいられる安全な場所であったり
その魂の使命をちゃんと思い出させる場所であったり
集中して魂の仕事をする場所であったりするのかもしれません。

ですから、地球で肉体を持って活動している場合、もしもその人が絵描きなら、その人の魂の箱は、絵描きになるべく特徴を備えた、その魂に似つかわしい箱を持っていると予測できます。
箱は、1つの魂に1つはあらかじめ用意されているそうで、それは特殊な才能というものばかりではなく、家業を継ぐようなものであったり、地域のために働くようなものであったりと、それぞれの魂がさまざまな役目を担うため、多種多様でユニークなものだとメリオンさんはいいます。
そして一方の、肉体の側にしてみれば、自分の魂の所有する箱をしっかり認識できていれば、自分の使命を理解し、肉体での活動もブレることなくやり遂げることができそうです。
しかし、中にはあっちこっち、自分の箱ではないのに間借りして転々としてしまう未熟な魂があったり、自分の箱がどれなのか認識するのが難しく、一生、箱を探している人も多いのだということです。

そしてまた、「この魂にはこの箱、この位置で」というような、キッチリ決まりきったものがあるわけでもなく、成熟した魂や戦士の魂の場合などは、いくつもの箱を正しく使い分けているのだそうです。あるいは創造の星の者などは、箱を自在にカスタマイズしちゃったりするのだとか。
「箱」というと、人間の感覚では窮屈なイメージもありますが、決してそういうことではないようです。

魂には、その魂に見合った箱があり、その箱を正しく有効に使いこなすことで、魂の目的や使命を果たすことができるということではないでしょうか。たとえば、自分の箱を他の存在にわたしたりしないよう注意しなくてはなりません。しかと自分の箱として認識する必要があります。それには結局、自分の魂の声に常に耳を傾ける必要があるのでしょう。
そして、それら無数の箱は、宇宙空間のさまざまな場所にあり、そのすべてを、宇宙のゆりかごで優し〜く包み守っているのだと、『トゥファラ』には書かれています。

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。
いかがでしょうか。
まだ編集部も十分理解しているとは言えず、今のところ、ここまでしか説明することができませんが、いずれまた取り上げてみたいと思います。

それにしても、肉体のワタシは地上で汗だくになっているというのに…。魂は、箱の中でゆりかごに揺られ、ユラユラしているってこと…?「オイオイ、たまには交替しようよ!地上は重いし、ツライんだ、味わってみぃ〜」などと、つい独り言がもれてしまいました…。


(文/編集部)
posted by yamanoshiroiie at 07:00| レッスン/宇宙秩序

2018年09月10日

木々は地上のリーダーです

楠木.jpg

ここ数年、台風の威力が年々増しています。この夏も日本各地で被害がありました。
「地球が生きている」ということが分ってくると、地球上で起こる自然の出来事をただ怖れるのではなく、地球ともっと親しくなることで、地球の状態を理解し、人間が地球とどう関われば良いかを正しく考えられるようになる気がします。

今回も前回に引き続き、大地をテーマに、日本の国土7割を占めるという「木」についてです。

日本は古代、言葉にはエネルギーが宿っていると信じられていました。万葉集にも「言霊の幸ふ国」とうたわれているわけですが、日本語の50音51文字のひとつひとつには意味が込められているとのことで、そうしてみれば「キ」という言葉は、「木」でもあり「気」でもあるのですよね。
「木」にエネルギーがあるというのもよく言われることです。実際にそう感じられなかったとしても、理科の時間に習ったように二酸化炭素を吸収して酸素を放出するという、物理的エネルギー交換が行われている事実だけで充分それは信じられることです。

あるとき仲間のRさんが、「神社に行ったときに大きな木があり、天に向かってそびえ立つその木は天とのアンテナのようだと思った」と言ったら、メリオンさんも「そうですよ〜」と言ってましたっけ。
『トゥファラ』にも、木について少しだけ触れているところがあります。(P227)

山はいたるところに木々の根を張り巡らし、互いの手を取り合い球体の星の地形を守っています。木々はスィオニの地上のリーダーであり長老です。

このページは「気」についての学びが書かれているところでもあります。
"「木」が互いの手を取り合い"、大地を守っているのですね。
やはり「木」は、天と地をつなぎ、エネルギーを循環させてくれているに違いない!

「木」について、メリオンさんもお話してくれました。
木は人間と同じです。
木は、大地にしっかりと根を張っています。そして枝葉ではらはらと風を受け止め、その抵抗を和らげているのです。
人間も木と同じようにすればいいのよ。
風波が自分に吹いてきたときは、木の枝葉のように上半身で受け止めるの。そして風に任せて、はらはら、ゆらゆらと、風を追いやればいいの。でも本当に重要な出来事が向かってきたときは、体の下半身、下腹で、しっかりと受け止めるのですよ。木が根を張るのと同じようにね。


自然は奥が深い!「木」は人の生き方のお手本なんですね。やっぱりスィオニのリーダーですね!

さて、そんな偉大な「木」ですが、木との関わり方について、ユニークな記事がFacebookでシェアされていました。こちらに原文のリンク先をご紹介します。
「木のエネルギーを吸収する方法」
スペイン語のサイトだそうです。(翻訳機能で何とか読めると思います。)

この記事によると、木には大きな癒しの力があるということで、中でも松の木は強い「氣」のエネルギーを放射しているのだとあります。
そういえば、皇居外苑は松ばっかりが植えられているのですが、きっと松の木のパワーを知っているのでしょうね。
gaien2_06.jpg

また、森にある木よりも、むしろ街中の公園にある木の方が(木が)人とのコミュニケーションに慣れているから繋がりやすいのだそうです。(ナルホド〜!)
私たちが地球の大地を感じるのに、わざわざ遠くの山や森まで出かけていかなくてもいいのかもしれません。近くの公園や神社に行ったとき、気軽に木々に触れてみたり、感謝や慈しみを伝えてみると、大地と木のエネルギーを受け取ることや、(木との関わりを確立させれば…)コミュニケーションも、できるのですね。

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。
そういうわけで、樹木の道教マスターの教えに従い、ワタシ(市川)が、木とのエネルギー交換に挑戦してみました。

◎こちらは来宮神社の境内にある楠木
木のエネルギー.jpg
TOPの写真は、来宮神社で有名な樹齢2000年以上といわれる大楠木ですが、もう少し身近に感じられる若い楠木にしました。(初心者は大きすぎず小さすぎずが良いらしい)
まずは木にご挨拶。数回深呼吸をして気持ちを落ち着け、両手を伸ばして木にあてます。1分、2分…、だんだん木との境目を感じなくなり、一体化したような気分?
確かに、エネルギー的な流れを手を通して感じることができます。

何だかちょっと繋がれた気分?気をよくしたワタシ…。
せっかくなので、今度は松のパワーがどれくらいかというのを感じてみようと思いつき、松を求めて更に歩いてみることに。そうしましたところ、「お宮の松」にたどり着いてしまいました。
◎こちらが熱海海岸にある、あの有名な?「お宮の松」
お宮の松.jpg
う〜ん、金色夜叉の愛憎劇を象徴する「お宮の松」の松で、大丈夫か?と、少々不安になりましたが、とにかく松に両手を置いてみました。すると…、なんとも不思議!?
優しい、というか、穏やかな「気」の流れが、手を通してじわ〜と入ってくるのを感じるではないですか。
先ほどの若い楠木は、エネルギーをお互い交換し合っているような気がしたけど、こちらの松は、ただ癒しを戴いた、という気分です。
すごい、やっぱり松は、癒しの力が強いんだ!!と、はっきり実感。

ブログに紹介するからには、ちょっとでも「感じてみよう〜」という、軽い気持ちで散歩の途中やってみたのですが、日頃たいして敏感でないワタシでさえ、そういう気持ちで木と対面すれば、結構感じられるものなのだと分かりました。とにかく「木」と「気」を体感できて、とっても満足。
もっと親しくコミュニケーションするには、ちょくちょくその木に会いにいくといいのだそうです。人と親しくなるのと同じなんですね。



(文/編集部)

posted by yamanoshiroiie at 07:00| ラウンジ(談話室)