2018年09月28日

ジオツアーPart2〜中秋の名月編

中秋の名月.jpg

先日、ジオガイドとしてデビューを果たした"やっちゃん"!
やっちゃんの主催する伊豆ジオツアー第二弾にみんなで参加してきました。

今回のツアーコースは修善寺ジオパークを起点に、西伊豆の烏帽子山中腹にある雲見浅間神社に参拝し→東伊豆の大室山で中秋の名月を楽しむという、まさに伊豆半島横断コースです。更には、雲見浅間神社において石笛とディジュリドゥの奉納演奏も行われ、実に濃密なツアーとなりました。

ジオガイドやっちゃんのツアー開始のご説明によりますと、烏帽子山は伊豆最古の地層、2000万年前の地層がある西伊豆エリアに位置し、一方の東にある大室山は4000年前にできた火山なのだそうで、この日、私たちは、およそ2000万年の時空の旅をすることになるのだと言います。そんなふうに説明されちゃうと、何だか妙にワクワクしてきますね。(やっちゃんお客の気分を乗せるのなかなか上手いね〜)
そして参加者には淡路島や神戸からわざわざいらした方々もおり、実に多彩なメンバーの集まりで、道中の車内も楽しく盛り上がっていた様子です。

この、あまりに濃厚で圧縮されたツアーのすべてお伝えすることはできそうにありませんが、ぜひ記憶に残しておきたいところを、ピックアップしたいと思います。

まずは烏帽子山の写真をご覧ください。
烏帽子山.jpg
(写真は伊豆ジオパーク公式サイトより)
標高160メートルの高さにそびえる火山の根なのだそうです。

eboshiyama-32.jpg
(写真は"そうだ、伊豆いこう"サイトよりお借りしています。)
少々急ぎ足コースのため山に登る時間がないのは残念でしたが、山頂からの眺めはこんな感じなのだそうです。絶景ですね。

そしてこちらが雲見浅間神社の拝殿。
雲見浅間神社.jpg
この日、このツアー参加者のために沼津から宮司さんがいらして、とても良いお話をして下さいました。

富士山を中心に数ある浅間神社には、日本神話に登場するコノハナノサクヤヒメが祀られていることで知られていますが、この雲見浅間神社には珍しくイワナガヒメが祀られているのだそうです。
=====================
コノハナノサクヤヒメとイワナガヒメの神話より

日本神話に登場するお2人の姫は、クニツカミの父神(オオヤマツミ)の娘。ある日、アマテラスの息子ニニギノミコトは美しいコノハナノサクヤヒメに一目惚れをし、オオヤマツミに結婚の許しを願い出ます。オオヤマツミも大へん喜んで、ニニギノミコトの繁栄を願い、一緒に姉のイワナガヒメも差し出したいと申し出ました。ところがイワナガヒメは大そうなシコメであり、岩のようにゴツゴツした顔をしております。するとイワナガヒメを見たニニギノミコトは恐ろしささえおぼえ、イワナガヒメを返してしまったのです。オオヤマツミは嘆き怒りました。姉を一緒に差し出したのには理由があったのです。コノハナノサクヤヒメは桜のように美しく華やかでも、いずれ散ってしまうはかない命。そして一方のイワナガヒメは永遠の命である大地を象徴していたのです。2人の姫を共に妻にすることが、ニニギノミコトの永遠の繁栄を祝うことだったのです。この出来事のため、ニニギノミコトの命は限りあるものとなり、私たち人間もそのようになってしまったのだと神話にはあります。

2人の姉妹は仲直りした!?
そして神話は、別の悲哀も作り出します。突き返されてしまったイワナガヒメは深く傷つき、身を隠すように暮らすようになってしまったのです。妹のコノハナノサクヤヒメは、お姉さんに会えなくなって寂しくて寂しくて仕方がありません。お姉さんは何処にいるのかと探し求める気持ちが、富士山をぐんぐん高くしてしまったのだと、宮司さんは話してくれました。

そして宮司さんの話は続きます。
「しかし…、姉妹はそろそろ、和解しても良いのではないかということを、宮司たちと話しておったのですよ。それで5年前から、箱根神社やらいくつかの神社と一緒になって、富士山の日、2月23日に、仲直りの儀式を執り行っているのです。そうしたらですね、4年間、その日は雨ばかりでした。ところが、今年は晴れたんですよ」

何という朗報!宮司さんたちの計らいで、コノハナノサクヤヒメとイワナガヒメは、今頃、手を取り合っているに違いありません。

イワナガヒメを祀ってあるいくつかの神社の中でも、富士山が望めるのはこの雲見浅間神社だけだそうです。拝殿の脇の木陰の合間からは、清々しい青い海の向こうに富士山がくっきりと見えています。その美しい景色を眺めながらメリオンさんもこう言います。
「神様は妬んだりしないのよ」
そうですよね。
そもそも2人は喧嘩などしていなかったのかもしれません。妬みや怨みを想像したがるのは人間の愚かな習性。それでもイワナガヒメは、自分の役目を果たす場を失ってさぞ落胆したに違いないし、コノハナノサクヤヒメはひとりぼっちでさぞ寂しかったことでしょう。
でも、もう大丈夫ですね!
宮司さんのお話を聞きながら、私たち人間は、怨む神、妬む神、罰を与える神を、やっと手放していけるのじゃないかと、ホッとした気持ちになりました。

宮司さんの喜ばしいお話の後、リョウさんの石笛とディジュリドゥの奉納演奏が行われました。
写真はその後の月見の際のものですが、ここで一緒にご紹介します。
ryouさん.JPG フエ.jpg

ディジュリドゥとは、オーストラリアの原住民アボリジニの楽器だそうです。そして手前にある木の笛は、リョウさんが自分で作られたのだとか。
笛の音が、広くはない拝殿の中に鳴り響きます。その不思議な音に聞き入りながら、落ち着きはらって笛の音を鳴らし続けるリョウさんの姿を見て、「いつ息してるの?」などと余計なことを考えはじめ…、しかし他の人も同じことを思っていたらしく…。
終わった後に説明してくださいましたところ、なんと、口で息を吐きながら、同時に鼻で息を吸っているのだそうです。また、譜面は用意しておらず、その場や聞いている人々に同調しながら感覚で音を奏でているのだと言います。
この日はきっと、コノハナノサクヤヒメとイワナガヒメの再会を祝う音だったに違いありませんね。

そして日も暮れるころ、伊豆半島を横断することひとっ飛び、大室山で中秋の名月会。
大室山.jpg
(写真は大室山関連の公式サイトより)
リフトで頂上に着くころには、満月がくっきりと見え始めておりました。
この日の天気予報は前日まで"雨"。
ところが、朝から一日中晴れ渡り、山間の空にかわいらしい雲がぷかぷかと浮かぶ、とても気持ちの良いお天気で、月の見える頃には、空は一層澄みきっているではありませんか。
これは、地球さんと、天の計らいに違いない――。
満月へ向かう光の道がほのかに色づき、美しく輝いておりました。(TOPの写真)

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。
いかがでしょう。ツアーに参加していない方も、少しだけ気分を味わって頂けたでしょうか。
今回のツアーで、神話の姫たちの仲直り儀式が執り行われているという宮司さんのお話は、大へん興味深いものでした。
以前の整合性会議で、「コノハナノサクヤヒメを地上の肉体、イワナガヒメを魂と捉えることもできるのよ」と、メリオンさんが言っていたことがありますが、この仲直りの儀式とは、肉体と魂の融合を暗示するかのようにも思えてきます。

昼と夜が同じになる秋分のトキ、そして太陽と月と地球が一直線に並ぶトキ。それは、光と闇、男と女、あらゆる両極がお互い溶け合う、その瞬間を垣間見せてくれるようでもあり、月への光の道は、人間がこれまでの分離の社会から融合へと向かう道筋を、優しく示してくれているような気がしたのでした。



(文/編集部)
posted by yamanoshiroiie at 07:00| 光の活動/スィオニを探せ!

2018年09月03日

大地の再生〜"地球の庭師"矢野智徳氏に学ぶ

熱海の川.JPG

日本の大地の7割は森林です。日本は世界でも有数の森林国なのです。
ところが、人々の多くが便利な市街地で暮らすようになった現在、山や森について考えたり親しんだりする感性がどんどん失われてきたように思います。
そんな中にありながら、森と大地を見つめ、その声をずっと聞きながら、コツコツと活動を続けて下さる方々がいらっしゃると知りました。
今回はそのおひとりである矢野智徳さんをご紹介します。矢野さんは「地球の庭師」「大地の再生師」とも呼ばれているそうです。

◎矢野智徳氏についての詳細は以下のリンク先等をご覧ください。
一般社団法人 大地の再生 結の杜づくり 代表理事/NPO法人 杜の会 副理事長
紹介ページ/私の森.jp・Facebookページ「大地の再生 結の杜づくり」

矢野智徳さんは、北九州市で植物園を営むお家に育ち、子どもの頃から木や森に親しんできたのだそうです。そして大学時代、授業よりもまずは現場をこの目で見たいという強い思いで一年間の放浪の旅に出ます。日本中の山や森をひとりで歩いて回ったそうですが、重いリュックを背負って毎日数十キロの山中を歩くその旅は、危険と背中合わせの大へんな冒険です。その貴重な体験の数々と、大学で得た自然地理学の知識を基に、現在「造園」という仕事を通して日本全国の森の整備、大地の再生に取り組んでいらっしゃいます。

矢野さんは、自然環境を再生させるためには、水脈と空気の流れを整えることが大事だといいます。水脈は大地の血管。その詰まりを取り除いてあげるだけで、瀕死の状態に思えても大地は再生できるのだそうです。それは矢野さんが、息も絶え絶え、死に直面しながらの放浪の旅の経験が教えてくれたものだということですが、まさにそれは、地球が生きているということを、物語っているのでしょう。

以下は水脈について熱く語る矢野さんの動画です。
https://www.facebook.com/yotutin/videos/1789255264430837/

森に入って、川を遮る小さな小枝を取り除くだけでも水脈を整える助けになるのだそうです。私たちにも出来ることがあるんですね!

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。
そういえば、先日伊豆ジオガイドツアーに行ったときのこと。
メリオンさんが子どもたちと水遊びをしている最中、転びそうになり、みんなの顔が一瞬蒼白に・・・!
尻もちをついただけで事が済み、ホ〜っと安心したのですが、後で聞いてみましたところ、矢野さんのお話に共感したメリオンさんは、水の流れを遮る小枝を取り除こうとして滑ってしまったのだとか。
即行動に移す!その行動力はさすがですが、気を付けてくだされ〜

それにしても、大地のこと、地球のことを、こんなに愛している人々がいらっしゃることに、感謝感激です。
そして思うだけでなく、実際に行動に移し、現在の人々の生活に密着した活動をする方たち。それこそがスィオニの仕事なのだと改めて気づかされます。
地球上の各地に立っているたくさんのスィオニたちを、これからもご紹介していきたいと思います。

*上記の矢野智徳氏については、一般社団法人 大地の再生 結の杜づくり 代表理事矢野智徳氏に許可をいただき掲載しております。
(文/編集部)
posted by yamanoshiroiie at 08:47| 光の活動/スィオニを探せ!

2018年08月27日

伊豆ジオガイドツアー

ジオ1.jpg

伊豆半島がジオパークとしてユネスコ世界ジオパークに認定されたのは今年4月。ただ今伊豆半島ではジオガイド活動が活発になっております。
そして今回、光の塔の仲間が伊豆ジオガイドとしてデビューし、初ガイドツアーを開催したので皆で参加してまいりました。
ジオ2.jpg
まずは情報発信地として修善寺に設置されているジオパークミュージアム『ジオリア』に集合しました。
ここでは映像や展示の数々で伊豆半島形成の歴史や山や地質のことなどをとても分かりやすく見せてくれています。
最初に見せられた『地球形成→伊豆半島衝突」の映像はなかなかの圧巻!大人も子どもも、「へぇ〜」「わぁ〜」と、驚きの声があがります。
45億年のとてつもなく長い時間の変動を映像で早回ししながら眺めたことで、「地球は生きているんだ!」ということをつぶさに実感できました。
ジオ3.jpg
そして壁づたいには、山や地質の詳細が展示されています。
実物の石や砂を手で触れられるようになっていて、ところどころにちょっとした発見グッズも置いてあるので、楽しみながら見ることができます。実験コーナーや伊豆半島の立体映像などの設備もあ、顕微鏡を前に子どもたちもワクワクです。

さて、ここでジオについてしっかりお勉強したところで、現場へGO!
今回ここにご紹介するのは、伊豆ジオパークの中でも穴場スポットといわれている旭滝。
ジオ4.jpg
旭滝の紹介ページはこちら
ここの見どころは、マグマが冷え固まる際に形成される「柱状節理」といわれる岩々。
普通の柱状節理は、岩が縦に立ち並ぶそうですが、ここでは横になっていて、それがお城の石垣のように大きな段々を作っております。
この日、滝水の量は少なかったのですが、かなり高いところから流れ落ちる滝は、なかなかに見ごたえもあり、大地のダイナミックな活動を垣間見ることができました。

滝水の清々しい気の中で、子どもたちは水遊びを楽しんでいました。
するとメリオンさんもいつの間にか、子どもたちと一緒に水の中へ…(!?)
いやいや〜、毎度のことではありますが、いつもメリオンさんが最もパワフルなのです。さすが、"かがやきの戦士メリオン"…脱帽ですね!

みんなに最も伝えたいことは、「地球が生きている!」ということだと、初ジオガイドのマルルさん(←ニックネーム)が最後に熱く語ってくれました。
子どもたちも、「うん、わかった!」と元気に答えてくれて、初ガイドはまずまずの大成功!
みなさん、おつかれさまでした。

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。
ジオ(geo)とは、大地や地球のことですが、私たちが地球のことをもっとよく知り地球を愛する心を育てることは、スィオニにとってとても大切なことです。

生きづく地球とともに私たち人間もここに居るのだと感じたとき
言い知れない感動と、感謝の気持ちが湧いてきました
地球さん、今までごめんなさい…
地球は、私たち人間のことをずっと見守っていてくれたというのに
私たち人間はどれだけ長い間、無視してきたことか
これからは、ともにゆく道を、きっと探していきます


(文/編集部)


posted by yamanoshiroiie at 07:00| 光の活動/スィオニを探せ!

2018年08月06日

Green School〜竹でできた学校

GreenSchool.jpg

未来の星、"トゥファラ"を訪れたヴィッツイは、学校を見学します。そこで見た学校や子どもたちの様子に、ヴィッツイは大きな衝撃を受けます。それらはどれも、ヴィッツイの星とはまったく違うものでした。そんなヴィッツイが戦士メリオンに成長したとき、メリオンは戦士の仕事のひとつとして、ビレムルに、ある建物を建てました。それが『光の塔』の中でコリトが魂に出会った、あの、白い塔です。
「子どもたちが、自分の魂の声を聞けるような施設がビレムルにあったらどんなにステキだろう!」
戦士メリオンはそんな夢を描き、ビレムルの地にそれを実現させたのでした。

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。
"魂の声を聞ける学校"があったら、どんなに素晴らしいことでしょう!

現在の私たちの世界でも、子どもたちがさまざまな問題を抱えているのを耳にします。それは日本だけでなく、世界中の国々に起こっている問題です。未来の子どもたちのためになる学校って…?探せばきっとどこかにあるはず!大人の私たちでさえ「わぁ〜行ってみたい!」とワクワクしてしまうようなステキな学校が!

そんな話題で盛り上がっていたところ、仲間のひとりがステキな学校を見つけて知らせてくれました。
Green School Bali

インドネシアのバリ島にあります。
校舎はバリ島の伝統的技法によって竹で創り上げ、全て自然のままに、非常に創造的でダイナミックな建物です。電気や水道などの設備も、なるべく地球環境に優しくなるよう工夫されています。
幼稚園から高校生までの教室があり、子どもたちの創造性や自主性をより引き出すようなカリキュラムやシステムを工夫しています。

Green School Bali(https://www.greenschool.org/)

バリ島といえば、一時は日本人の海外旅行先1位に挙げられていたこともあるくらい、日本人には親しまれてきた島ですね。もちろん日本からは「すぐにでも行こう!」というわけにはいきませんが、こちらの学校は国籍など関係なく、世界中から生徒さんを受け入れています。
世界の中の小さな小さな島にできた小さな小さな学校が、世界中の未来の学校モデルになるなんて、ちょっとステキなことですね。

YouTubeで「Green School in Bali」を検索すると、いろいろな動画がアップされていますので、興味のある方はぜひ情報を受け取ってください。
ここでは、この"世界一ステキな学校!"に通う2人の姉妹がTEDでスピーチする頼もしい姿と、彼女たちの素晴らしい活動の動画をご案内します。

彼女たちは、バリ島に排出されるプラスチックゴミを減らすための活動をしています。
(日本語翻訳を見るためには、設定マーク(歯車)をクリックして字幕を日本語にして下さい。機械翻訳なので少々頼りないですが、大体の意味は把握できると思います。)

こんな自由でのびのびした学校に通う子どもたち。
きっとたくさんのスィオニたちが育っていくに違いないと思います。

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。
この学校を創設したのは、それぞれカナダとアメリカからやってきてバリ島で出会ったというご夫婦。2人はバリ島で宝石店を営み、成功を収めていました。そしてある日、ご主人のジョン・ハーディ氏が、妻のシンシアから映画を観せられたのが始まりです。その大きな衝撃によって彼の行動は開始されたのでした。

ジョン・バーディー氏が触発されたというその映画とは…
元米国副大統領アル・ゴアさんが主演する「不都合な真実」です。
放映された2006年当時、とても話題になり、ドキュメンタリー賞などたくさんの賞を受賞し、世界に地球環境への関心を呼び覚ましました。アル・ゴア氏の誠意が伝わってくるGoodな映画ですね。

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

(文/編集部)
posted by yamanoshiroiie at 07:00| 光の活動/スィオニを探せ!

2018年07月31日

【体験報告】太極拳

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*
ぴかぴか(新しい)ただ今地上では、着々と、スィオニたちが育ち始めているようです。それはまだ、蛍の光ぐらいの小さな小さな輝きかもしれませんが、私たちはそんなスィオニたちの活動を応援します。
*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

陰

先日、『トゥファラ』の仲間でもあるK氏が、太極拳と気功の講師をやっておられるという情報を得た編集部!さっそく取材?(偵察?)がてら、体験見学してくることにしました。

ところで"太極拳"というと、日本の人たちにはどんな印象があるのでしょう?
中国のカンフー?体操?
「ああ、あのなんか、ゆっくり動く体操でしょ?」「高齢者向けの体操?日本でも朝の公園に行くとお年寄りたちがやってるよね」

と、まあ、そんなイメージではないでしょうか。そこで、少し調べてみましたので参考までに簡単にご紹介しておきます。

日本太極拳連盟ホームページよりまとめ】
「太極拳」は中国武術の流派のひとつで、太極拳そのものは300年程前に優れた武術家らによって完成させたとのことですが、その成り立ちは中国4000年の歴史の中で培われた「陰陽思想」に基づいているのだそうです。

『太極』とは、もとより天地万物が生成・発展・変化するきっかけを作るものであり、「太極」から「両儀=陰陽」が生まれ、混沌とした状態から、「太極」の作用によって固体が生成し、固体の性質が「陰と陽」の性質を備えて発展し、変化する、というものです。

このように太極拳とは、中国の哲学的思想が根源にあるので「哲学拳」ともいわれているそうです。
その哲学は「変化の哲学」(万物は常に変化しひとつところにとどまらない)であり、「陰・陽」「静・動」「柔・剛」「虚・実」などが、互いに対立・融合・入れ替わるという変化のプロセスに、生きる智慧を見出すということでもあるとのこと。それはまさに、宇宙の循環を物語るようでもあります。

この「太極拳」。武術ではありますが、誰もがその宇宙観に触れられるようにと仕上げた「形練習」が、現在まで、広く人々に親しまれてきています。そしてその動きは、「変化の哲学」といわれるとおり、止まることがなく、始終ゆるやかな円を描きながら、ゆったり伸びやかな、舞のようで優雅でもあります。


・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。
さて、前置きはこのくらいにして体験報告いたします。
今回見学に伺った太極拳教室のK講師ですが、太極拳を人々に伝えるにあたり、こんなビジョンを描いているとおっしゃいます。

「みんなを宇宙に連れて行きたい!」

うひゃ〜、ぜひ、ぜひ〜
宇宙へ連れてってくださ〜い!

そんな、いかにも『トゥファラ』的な発言をするK講師ですが、現在、静岡県内で9か所のクラスを受け持っているとのことです。
そして今後は新たなコンセプトで、いろいろな試みを考えているのだとか。
いったいどんな宇宙プロジェクトなのか…?
う〜ん、想像は難しいですが、とても楽しみですね〜
もちろん彼の新プロジェクトが始まったあかつきには、ここにしかとご紹介いたしますが、まずは今回、急遽その場で撮った写真を1枚だけ、チラッとお見せします。
亀さん2.JPG
※宇宙〜とおっしゃるので、ちょっと宇宙っぽくシャボン玉なんかで加工してみましたるんるん
写真より実物の方が迫力もあって、ステキなんですよ!「首に巻いている手ぬぐいをとってお写真を…」と言いましたところ、「いえ、暑いし〜」とK師匠…。そういうかざらない庶民的〜な感性も、イイかもね(笑)

◆編集部スタッフが体験した感想は?

まずは準備体操、呼吸法から始まります。
気功かな…深呼吸が気持ちいいです〜
そして手を後ろにねじったり…あまり使ったことのない筋肉を動かします〜
これは太極拳の「形」をとりいれた準備運動なんでしょうね…

途中、休憩が何度かあり、後半からが太極拳演技の指導に入ります。
およそ2時間、なかなかたっぷりな運動量です。ところがどれもゆったりとした大きな動きのせいか、「疲れた〜」という感じはあまりなくて、「あ〜気持ちよかった〜」という、心地よい気だるさです。プールで泳いだり温泉に入ったりした後のような気だるさかな?
もしかすると、みぞおち◇が開いたかもしれないぞ!?

それにしてもK講師、とってもソフトリーで、手取り足取り、ていねいに教えてくれます。
なんといいますか…その、ゆる〜い感じが、生徒さんを緊張させなくて、すごくいいんじゃないかと思います。

同行して下さったメリオンさんも
「美しいわ〜」
「天界のような気だわ〜」
「なんてステキ〜」

と、とにかく絶賛しておりました。

それに気を良くしたK講師、
「いやいや〜、ワタシ天才かな〜?なんて…」
と、すっかり有頂天に…。

するとメリオンさんが笑いながらいいます。
「あらあら、天才さん、もっともっと有頂天になっていいのよ」

はて?どういう意味でしょう?
メリオンさんいわく、「有頂天」の本来の意味はサンスクリット語に由来するらしく、仏教の世界観の最天上を指すのだそうです。つまり、絶頂を極めるということ。
「天賦の才(天才)を受け取った者は、その道を極めにゃいかん!」
と、メリオンさんは、Kさんを励ました(活を入れた?)のだと思われます。

今回体験してみて、太極拳とは、なるほど、宇宙の気に触れることができるのかもしれないと感じました。
日本では、聞いたことはあってもまだまだ知られていないものでもあります。子どもから大人まで、たくさんの人にもっと浸透するといいのにな、と思いました。
K講師の今後の活動、どうぞ楽しみにして下さい。

(文/編集部)
posted by yamanoshiroiie at 07:00| 光の活動/スィオニを探せ!