2018年04月18日

ある日のインタビュー "伝えたいことがあったのです"


【ある日のインタビュー】

― 物語を書くのは、はじめてですか?

そうです。学校の作文以来のことです。

― 新聞記事に69才作家デビューと書かれていますね。

わたしは作家になったとは思っていませんでした。ですから、"伝えたいことがあっただけです"と言いましたら、それを作家というのです。と言われました。

― 伝えたいことを本にしようと思った経緯をお聞かせください。

わたしは3才位から、自分のこと、家族のこと、学校のことなど、地上を高いところから見おろしていると感じていました。生活環境見問題を抱えていたわけではありませんが、地に足の着いた考え方や行動ができない、あぶなっかしい子どもでした。

10才のころの記憶だと思いますが、夕方、いっしょに遊んでいた妹や友だちはとっくに家に帰ってしまった空き地で、夕日が黄金色から青紫、濃い青色に変わっていく西の空を見ているのが好きでした。そして星がまたたくまで、そこにじっと立っていたのです。今思えば、とてつもない宇宙の大きさと、宇宙への切ない憧れを感じていたのだと思います。おばあちゃんが探しにきて、「家に入りなさい。身体が冷えるわよ」と呼ぶ声を覚えています。

12才のころ、社会科の授業で伊能忠敬のことを知りました。星を見ながら、実測地図をつくった人です。
そこから学んだことは、天文学についてでも、その偉業でもなく、第二の人生があるということでした。第一の人生を精一杯成し遂げた後、この人のように第二の人生が待っているということです。それを知ったわたしは、少し堅実な生き方ができるようになったと思います。

孫たちを見ていると、自分の過ぎ去った記憶と重ね合わせ、その胸の内をとてもいとおしく思います。そして、同時に、その小さな命を抱く父、母となった我が子は、忘れてしまった過去の未熟な自分を思い起こさせるのです。
"トゥファラ"のヴィッツィや"光の塔"のコリト、ふたりの主人公が自然と自分の性格になってしまったのですが、きまじめで融通のきかない人、要は堅物です。
わたしは彼女たち同様、地球のめに、人のために仕事をしたいとずっと思っていました。
その70年間分、人生の山越え、谷越えしながら積み重ねた学びを伝えたかったのです。
"12才になった孫たちへ"という指針はずっと持っています。
もちろん"未来へ向かうすべての子どもたちへ"という大きな夢も持っています。

posted by yamanoshiroiie at 09:00| 本のご案内

2018年04月16日

光の塔のはじまり


"トゥファラ"新刊発売日、2017年3月8日の出来事でした。
発売元になってくださった長倉書店の中をウロウロ、出たり入ったりしながら、本の行方を見守っていたときのことです。オレンジ色の表紙の本が高く積み上げられた立派な展示台の前で、本を取り上げ読みはじめた人がいたのです。
それは突然の出来事のようであり、又、すでに予定されていた未来のようにも思えました。
"光の塔"を書くはじまりは、この出来事、出会いからといえます。

彼はとても熱心な読者でした。本の内容を一つひとつていねいに質問してきたのです。読み終えた彼の中に芽ばえたものは、トゥファラの気と空気を地上に具現化したいという思いでした。
私にもうれしいことです。なぜなら仕事の目的はそこにあったからです。それが本を世に放出されるやいなや生まれたのですから…。

出来事を正しく受け取り、それを事実として、そして真実へとつなげていくのは難しいことです。魂の声を聞きながら、行動・行為を起こしていかなければなりません。自分の欲求や都合からは、愚かな行為しか生まれず、その出来事、出会いさえ、愚かなものにしてしまいます。
わたしは寸分の誤差も生まぬよう、注意深く目的への設計図を引き、必要とするサポーターに会い、現場に足を運び進めていきました。

この本"光の塔"は、そうして生まれたものです。しかし、途中経過であり目的ではありません。新たなはじまりがはじまる、ひと粒の種です。
この本を片手に、たくさんの真実の人と出会い、真実の中で、創造物を生み出していく。それを担ってくれる本であることを願っています。

光の塔

新刊「光の塔」発売のご案内はこちらです。

posted by yamanoshiroiie at 09:00| 本のご案内

2018年04月10日

【読者感想】パートA

※引き続き、読者から寄せられた感想をご紹介します。

2冊の本を読んで…
これらの本の言葉は、宇宙のたいへん上質な空間から降り注いだものだと感じます。
単語と単語、行と行の間には、美しい宇宙の気と空気が、凝縮された密度となって漂っているのでしょう。

(著者より/そうなのです!スラスラと読めることはありません。もし読めたとしたら、どの人は以前からの「常識」というものさしと自分流の知識を使ったのかもしれません。高い意識にチェンジした未来の星には、私たちの社会が持つ「常識や知識」など、少しも役に立ちません。その"知ったかぶりの意識"で『トゥファラ』や『光の塔』を読んでしまったら、そんなもたいない読み方はないのです。)

----------------
『光の塔』を読んで…
トゥファラの旅を導入として、後半にしっかり光の塔の立たせ方まで導くあたりが憎い演出です。この短さにも関わらず、メリオン節を巧みに効かせ、切れ味のあるすばらしい作品に仕上げられていると感じました。
最初から最後までの流れが絶妙に美しく、特にクライマックスの、戦士メリオンの演説、水色の空間、白い大地の星、光の塔の立たせ方、ショーからのたくさんのメッセージ、そして最後にコリトが光の塔になる決心…
魂に響くことまちがいなしの名文です!
『光の塔』は、はば広い読者に寄り添う丁度良い密度だと思います。そして更に、『トゥファラ』を読んでくれるまでに広がったらうれしいですね!
たくさんの人の魂に光を届けてくれて、ありがとうございます。

posted by yamanoshiroiie at 09:00| 本のご案内

2018年04月04日

発売日を『3月8日』に決めた理由


【本の発売日】
本の発売日を3月8日に決めた理由があります。
数字は宇宙においての共通言語です。

「3」= 完全体,〇,魂
「8」= 生命体が標準的に持つ基盤の、知恵と知識


という意味を持っています。
これらの本が、魂の仕事であり、人の魂に役立つという目的を持った本として、ふさわしい数字を選びました。
(トゥファラP450参照)



posted by yamanoshiroiie at 13:37| 本のご案内

2018年04月03日

【読者感想】ファンタジーの中にこそ真実があるのです


昨年(2017年)3月8日
『トゥファラ』は静岡県の、長倉書店(総代理店)さんをはじめとするいくつかの、ごく限られた書店さんで発売されました。〈取扱店はこちら
まだ誰にも知られていないこの物語を、最初に手に取ってくれた人たち―。
"トゥファラ"の光に引き寄せられた人たち。
そんな読者からの感想が、長倉書店さんに寄せられました。

------------
まるで美味しい水を飲んでいるよう。

こんな心優しい言葉の本に出会ったことはありません。
思わず泣きそうになります。(女性)

どういう本なの?
と思いながらも、次から次へと読み進めてしまいます。(女性)

難しいです!休み休み読んでいます。
一章だけでも3回読みました(笑)(男性)

どんどん読み進めたくなり、不思議な感じです。(女性)

読みながら胸が熱くなり、自然と涙があふれてくる。

生きる指針として、テキストのように使っています!

聖書を読んでいるようだ!(男性)

--------------------------------

「どうしてこんなことに気づいたのですか?」
「どこかで学んだのですか?」
「ほんとうに星の人の声が聞こえるのですか?」

と聞かれたとき、私は
「突飛な想像力で書いたのです」
あるいは
「これは実話です」
と答えます。そして
「どう答えたら、あなたは了解してくれますか?」
と聞きます。

私はこの物語をファンタジーと表現します。
ファンタジーの中にこそ、真実があるからです。
人類は、これからもファンタジーを受け入れ
その光のもとにたどり着きたいと、突き進んでいくのだと思います。
それは今はじまったことではありません。
ずっと、ずっと、時代をさかのぼっても
ファンタジーの真実の言葉は確かにあったはずです。

中村啓子より
メリオン.png


posted by yamanoshiroiie at 09:00| 本のご案内