2018年09月17日

球体と箱

IMG_1164.JPG

このブログは、"『トゥファラ』を読み解く"という役割を果たしていきたいわけですが、『トゥファラ』を理解するということは、"宇宙秩序"を理解するということです。
それは…宇宙という広大なフィールドの、大人の仲間入りができていない、まだ小学生、中学生の地球人にとっては、少々高度なお勉強ということなのです。
何度読み返しても、チンプンカンプンなページが、まだまだたくさんあります。
そもそも、地球上にその概念がまだないので、理解する言葉も見つからない…というのがホントのところ。

その中でも、「コレはちょっと難解だよ!」というテーマのひとつ、「球体と箱」について、考えてみようと思います。
最近の集まりに参加してくださったKさんが「球体と箱のところがさっぱりイメージできませ〜ん」と、メリオンさんに質問してくれたので、その問答をちょっと参考にさせていただきましょう。

メリオン:あなたの球体魂は絵描きの箱の中に入ってるわよ。(Kさんは絵描きです。)
K:絵描きの箱?…透明な箱って書いてあるんですけど…観念とか自己イメージのことかと思ったり…箱って肉体のことではないの?
メリオン:肉体=箱ということではないの。あなたは肉体で表現する方法が絵描き。それを箱と考えればいいの。あなたは絵を描くことが魂の仕事なのでしょ?
K:魂の仕事だと思います。でもちゃんと見張っていないと、魂の仕事ではない方向へずれてしまうのです。
メリオン:そうです。そうやって見張りながら箱の中で魂の仕事をしている、その箱のことです。

「球体と箱」について書かれてあるページは(『トゥファラ』P271〜)です。
おそらくこれも、私たちが魂の声をちゃんと聞こえるようになったり、その存在や、空間や時間を、理解することができるようになったら、自然と分ることなのだと思います。(…早くそうなりたいよね)
ですが、今はせめてと、地球の実態に合わせながら、メリオンさんは上記のように説明してくれました。

「箱」は、宇宙で"隠れ家"という意味を持つのだそうです。
球体というのは魂のことです。大元の魂から分離して遠く旅に出ている、魂の一片(=私たちそれぞれの魂)。想像してみれば、何のあてもなく、ただフワフワ〜と、広い宇宙空間を漂っていたり、移動したりするっていうのも、心もとないですよね。
だとすると、落ち着ける居場所がいくつか必要かもしれないです。
その隠れ家は、その魂がその魂らしくいられる安全な場所であったり
その魂の使命をちゃんと思い出させる場所であったり
集中して魂の仕事をする場所であったりするのかもしれません。

ですから、地球で肉体を持って活動している場合、もしもその人が絵描きなら、その人の魂の箱は、絵描きになるべく特徴を備えた、その魂に似つかわしい箱を持っていると予測できます。
箱は、1つの魂に1つはあらかじめ用意されているそうで、それは特殊な才能というものばかりではなく、家業を継ぐようなものであったり、地域のために働くようなものであったりと、それぞれの魂がさまざまな役目を担うため、多種多様でユニークなものだとメリオンさんはいいます。
そして一方の、肉体の側にしてみれば、自分の魂の所有する箱をしっかり認識できていれば、自分の使命を理解し、肉体での活動もブレることなくやり遂げることができそうです。
しかし、中にはあっちこっち、自分の箱ではないのに間借りして転々としてしまう未熟な魂があったり、自分の箱がどれなのか認識するのが難しく、一生、箱を探している人も多いのだということです。

そしてまた、「この魂にはこの箱、この位置で」というような、キッチリ決まりきったものがあるわけでもなく、成熟した魂や戦士の魂の場合などは、いくつもの箱を正しく使い分けているのだそうです。あるいは創造の星の者などは、箱を自在にカスタマイズしちゃったりするのだとか。
「箱」というと、人間の感覚では窮屈なイメージもありますが、決してそういうことではないようです。

魂には、その魂に見合った箱があり、その箱を正しく有効に使いこなすことで、魂の目的や使命を果たすことができるということではないでしょうか。たとえば、自分の箱を他の存在にわたしたりしないよう注意しなくてはなりません。しかと自分の箱として認識する必要があります。それには結局、自分の魂の声に常に耳を傾ける必要があるのでしょう。
そして、それら無数の箱は、宇宙空間のさまざまな場所にあり、そのすべてを、宇宙のゆりかごで優し〜く包み守っているのだと、『トゥファラ』には書かれています。

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。
いかがでしょうか。
まだ編集部も十分理解しているとは言えず、今のところ、ここまでしか説明することができませんが、いずれまた取り上げてみたいと思います。

それにしても、肉体のワタシは地上で汗だくになっているというのに…。魂は、箱の中でゆりかごに揺られ、ユラユラしているってこと…?「オイオイ、たまには交替しようよ!地上は重いし、ツライんだ、味わってみぃ〜」などと、つい独り言がもれてしまいました…。


(文/編集部)
posted by yamanoshiroiie at 07:00| レッスン/宇宙秩序

2018年07月17日

色のレッスン〜ホワイト

wall-175684_960_720.jpg

ホワイト

色のレッスン〜ブラックに続き、重要な色であるホワイトについてです。

(トゥファラ本文P78〜)
ホワイトの私たちが持つ一般的なイメージは、ブラックとは対照的に、ポジティブなイメージや明るいイメージ、美しいイメージです。ところが宇宙では、一概にそうとは考えていないようなのです。

ホワイトが他の色を染めてしまったり、光が色を飛ばして真白になってしまう現象をどのように感じますか?・・・ホワイトは浄化の色ではありません。

この指摘には、驚いた人が多いかもしれません。
ホワイトというと、何も描かれていない白いキャンパス、あるいは結婚式のウェディングドレスや白無垢などのイメージが強くあります。人々は、「白色は、どんな色にも染められるから…」というにも思っていたわけですが、星の人たちは、ホワイトが他の色を侵食するのだと、真逆のことをいっているのです。

なるほど、改めてホワイトとという色を、あるがままに眺めてみましょう…たしかに、星の人たちの言う通り、ホワイトは侵食する色でもある、というのが理解できるような気がします。(私たち人間というのは、固定観念にとらわれて、真実を見ていないことが実に多いらしい…。)
そしてホワイトには、あるときは恐れや、あるいは守りの力もあるのだと、ヴァンさんが教えてくれています。
ホワイトには、これだというひとつの答えがあるわけではありません。さまざまな答えのすべてがホワイトをあらわしているのです。陽の光を吸収したホワイトから、あなたたちはエネルギーを受け取ることができます。恐れもありますが、力を与えてくれるものでもあります。


・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。
いかがでしょうか。
色の捉え方というのに私たちはまだ慣れていませんが、感覚的な感性を磨くレッスンとしては、とても身近なツールなので、日常のところどころで、意識してみてはどうでしょう。
色のレッスンついてはこちらのページ「色のレッスン」を再度ご確認ください。(追加記事あり)


(文/編集部)


posted by yamanoshiroiie at 09:00| レッスン/宇宙秩序

2018年07月13日

色のレッスン〜ブラック

black

『色』のレッスンについて、以前に簡単な記事を書きました。(→色のレッスン)

星の人たちは色のエネルギーを、さまざまな形で活用しているのだとか。ところが私たちは、その色の、本来の特徴さえ理解していないことが多いというので、もう一度、中でも扱い方を間違えてはいけない重要な色だという、ブラックとホワイトについて、それぞれ紹介することにします。

ブラック
(トゥファラ本文P334〜)
ブラックを理解することはホワイトよりもさらにむずかしく、受け入れる魂の高い進化レベルが必要です。この色の及ぼす影響は絶大で・・・取り扱いは充分な注意が必要です。

しかし、宇宙でいう本当のブラックは、地上には無いのだそうで、私たちが黒(ブラック)と呼んでいるのは、限りなく黒に近い"濃い色"なのだということです。怖い色だけに、ちょっとホッとしました。
ブラックは"コピー"です。魂のコピー、星のコピー、あらゆるものの"コピー"と言えます。コピーはそれ自体には鼓動も、思考も、意思も、感情も、表情もなにもありません。ただ情報が忠実にコピーされているだけです。これが意味するものは、そのものよりもさらに精巧で美しく、汚れのない実体が生まれるということです。

・・・つまり、非常に非常に、精巧につくられたマシンのようなものを想像すればいいのでしょうか。
コピー(=ブラック)を作り出すのは人や星など実体のあるものの意思によってであり、しかしそのものたちは、使い終わったコピーを回収するまでの責任が取れないのだと書かれています。そしてコピーはコピーであるにもかかわらず、そのうちには意識を手に入れたくなり、真実と同じくらい光輝いて、周囲はその偽りの彩に惑わされるのだと忠告しています。(映画マトリックスの、黒スーツを着たエージェントを思い起こしました。)

黒(ブラック)という色は、昔からどの地域も、お葬式に使う色でもあり、確かにイイ色、明るい色というポジティブなイメージはありません。ところが近年は、ブラックをある意味、"カッコイイ色"のようなイメージに仕立て上げられてきた感じがしないでもありません。私たちの社会が、コピーのようなマシンの世界へ向かいつつあるという、ひとつの現れだったのかもしれません。

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。
このブログやトゥファラを読んだ読者の洋服ダンスからは、今後、黒色が無くなっていくかもしれませんね〜。
「神社などの神聖な場所に行くときは、濃い色の服は避けて、なるべく薄い明るい色を身に着けて行くようにして下さい」
と、メリオンさんからの伝言です。

(文/編集部)
posted by yamanoshiroiie at 09:00| レッスン/宇宙秩序

2018年07月06日

ヴァンのレッスン/臓器(肉体のメンテナンス)

body_violet.png
(画像はWikipediaより)

ヴィッツイが宇宙のレッスンや仕事をするためには、それに耐えうる身体づくりが必要になってきます。
肉体のメンテナンスが得意なプルアーディのマスター、ヴァンは、ヴィッツイの肉体改造に取り組みました。(トゥファラ本文P81〜)

食事に関するヴァンのアドバイス
✓必要以上の食事は摂らないこと。
✓必要な食物は人によって異なるので、摂取するものは自分で決めること。
✓太っている痩せているという、意識や感情の基準ではなく、「こうありたい」と思う体型を目指すこと。
✓知識で得た選別ではなく、自分の体の必要に応じて摂取すること。
✓食べ物全てに命があり、その命がエネルギーとなり身体を作っていることを忘れないようにすること。
✓空気の温かさや冷たさなど、自然現象を肌で感じることが必要。その感覚が臓器に届き食生活を変化させる。(環境に合わせた適切な食生活を体が選ぶ)
✓食べ物を頭で制御せず、おいしいな、幸せだな、という感覚を大切にする。その飽和状態が1回の食事量の目安となる。


今はインターネットやテレビなどで、「この食品は〇〇に良い」とか「野菜は1日に〇g以上摂る必要がある」など、ありとあらゆる情報が流れていますが、そういう知識ばかりに頼っていてはダメだとヴァンは言います。
そして、それぞれの人に合った食べ物、必要な食べ物があるとのことですが、それを知るためには「自分の臓器の声を聞いてみなさい」とアドバイスします。彼ら(臓器のこと)と会話をすることで、摂取する必要のあるものがわかってくるのだそうです。また、体内の臓器のひとつひとつに敬意を払うようにとも言います。

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。
レッスンの中に、こんな奇妙なものもありました。
ヴァンは、ヴィッツイに臓器を全部取り出すようにと指示します。そしてヴィッツイの空っぽになった身体の中に手を入れて、とても丁寧に、サッサと洗ってくれたのだそうです。(トゥファラ本文P100〜)
もちろんこれらはイメージで行うのですが(本当に取り出したらダメよ!)
どんな感じなんでしょう?スッキリするのかな?気持ちがいいのかな?(私もやってもらいたい!?)
という素朴な思いをメリオンさんにたずねてみたところ…
「自分でやってみればいいのよ!」…と、あっさり言われました〜

そうかぁ、イメージでいいわけだから、自分でもできるんですね!( ,,-` 。´-)
みなさんも、どうです?
ぜひ、試しにやってみてください。
疲れて身体がドロドロしてる気がする〜なんていうときに、ちょっとイイかもしれません。

それにしても、自分の肉体を自分で調べたり、自分でメンテナンスしたり、プルアーディの人たちのように自分の体を自在に取り扱えるようになったら、どんなにいいでしょうか。
地球の人間も、早くそうなりたいものです。

(文/編集部)
posted by yamanoshiroiie at 09:00| レッスン/宇宙秩序

2018年07月03日

ヴァンのレッスン/第6の目

第6の目.jpg

ヴィッツイは宇宙の仕事をするため、星々のマスターからさまざまなレッスンを受けます。プルアーディでレッスンを担当してくれたマスターはヴァンでした。
ヴァンのレッスンでは、体のメンテナンスがたくさんありますが、そのいくつかを紹介します。私たちもレッスンに挑戦してみましょう。

<第6の目>(トゥファラ本文P186〜)
第6の目は、△の頂点を中心に、4つの△でできた◇です。(図のとおり)
対角線が交わる点が目と目の中心になります。
(各点の説明)
・各点が作る◇の内側…魂の泉/湖のようにすべての外界を映し出し、内なる魂の宇宙も映し出す。
・上の点…宙、宇宙/魂の宇宙空間を宇宙の接点。
・下の点…蛇口/泉から宙のすべてを流しだす場所。
・左右の点…扉/魂の泉が映し出すものを蛇口から流しだすとき、その種類や質、大きさを選定するための扉。(最も重要な点)


自分の顔を4つの△と5つの点で捉え、そこにできる◇が第6の目だということですが、瞑想をするとき、あるいは静かに目を閉じてみて、自分の顔の◇と、4つの点の働きを意識してみるといいかもしれません。

※ここでいう「"第6の目"は、一般的に言われている"第3の目"や"第6チャクラ"と関連があるのですか?」という質問をいただいたのですが、それについて編集部ではまだ確認ができておりません。後日メリオンさんに質問し、詳しく分かり次第ご報告します。今のところ、それらとは別の捉え方なのだと理解しておいて下さい。

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

ヴァンさん>>
ヴァン.jpg

メリオンさんのお話によると、ヴァンさんはまだ若いマスターで、心の優しい穏やかな青年。そして、少々真面目過ぎるところもあるのだそうです。ʅ(‾◡◝)ʃ
『トゥファラ』を読んでいると、ヴァンがヴィッツイの体のことをとても気にかけている場面がたくさん出てきますが…
「プルアーディはビレムルと同じように星の人々が肉体を持っているので、マスターたちは肉体のメンテナンスが得意なんですよ」
とメリオンさん。
なるほど、そういうことなんですね!

そして次回は、ヴァンさんのレッスン臓器(肉体のメンテナンス法)を教えてもらうことにします。



(文/編集部)
posted by yamanoshiroiie at 09:00| レッスン/宇宙秩序