2018年04月27日

数字の意味〜数字は宇宙の共通言語


星の人たちは、数字は宇宙の共通言語だと教えてくれています。
私たちがその深い意味を真に理解するのはまだ難しそうなのですが、ここでは1〜9までの主な意味を簡単に紹介してみます。


(トゥファラ本文P441〜)

[1] 個、起源、根本
[2] 均衡、秤
[3] 完全体、〇、魂
[4] 集結、結実、経路
[5] 答え、真実、真理
[6] 生命体
[7] 潤沢な命の源、糧、点と点、命のつなぎ役
[8] 宇宙にいるすべての生命体に持つ基盤の知恵と知識
[9] 光、未知、知恵、未来


※宇宙では数字を共通言語として使っている。
※数字は宇宙や宇宙に存在するもの、生命体を普遍的にとらえる。
※宇宙はメッセージを伝えるために数字を組み合わせて使っている。
※数字は量を計るものではない。
※数字は宇宙の持ち物。
※星や宇宙で起きることはすべて数字に置き換えることができる。

※「0」について
0(ゼロ)は無、空洞、穴、ボウル、受け皿、容器(宇宙、魂にとって、それ自身の器を決める大切な数字。

「今の人々にとってピンと来ない話であっても、これは真実です。まずは「0」「3」を理解してください。使うのではなく、イメージするのです。そして身体の中に響かせて、刻んでください」(トゥファラ本文P444より)


・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。
◎"数字をイメージする"ってどんな感じ?今まで足したり引いたりしてしか使ってこなかった私たちにはちょっと分かりにくいかもしれません。"数字"についてはこれから少しづつ、みんなで学んでいきたいと思います。"トゥファラ"にはもっと詳しく説明されていますので、興味のある方はぜひ、ご一読ください。

(文/編集部)
posted by yamanoshiroiie at 09:00| レッスン

2018年04月23日

魂の等身大の体操

IMG_3857.JPG

ヴィッツイの"魂の等身大の体操"を毎朝実際にやっている人がいます。
これは、自分の魂の存在を実感する、そして肉体・心・魂は、別々であることを理解できるとても良い体操です。肉体から抜け出した魂だけになって自分の星を足下に感じ、遠く見ることができます。
そんな魂とともに日常を過ごすと、宇宙の小さな砂粒としての自分の存在を、喜びとして味わうことができます。

朝、起床とともに庭に出て、地に座り、草花に触れながら、身体を揺り動かし、そのまま立ち上がってください。ゆらゆらと地を離れていく、あなたの魂を感じ取ることができるでしょう。


(トゥファラ本文P24)
@まず地面に座り、体中を解きほぐすように動かします。(この時、身体の中心が会陰を通して大地と繋がっているイメージを持ってみてください。)
等身大1.jpg

A関節や筋肉すべてを動かしましょう。特に普段、動かしていないところに気づくことが大切です。
等身大2.jpg

B身体をほぐしたら、地面に頭と身体をつけ、地の声を聞きましょう。地に触れ、肌で大地を感じるのです。
等身大3.jpg

C次にゆっくりと立ち上がります。
等身大4.jpg

肉体の大きさをイメージするのではなく、あなたの"精神・魂" を感じて立ち上がります。
等身大5.jpg

(立ち上がりながら身体がぐんぐん伸びて広がっていくのを感じてください。)
等身大6.jpg

等身大7.jpg

Dすると、巨人のような自分の姿を感じるでしょう。
等身大8.jpg

Eそのまま、ゆっくりと周囲を歩いてみましょう。(立ちくらみがするかもしれませんので充分注意してください!)
等身大9.jpg

その大きさがあなたの魂の大きさ。その大きさを感じたまま、今日一日を過ごしてみましょう。
(この時、人によっていろいろな感じ方があります。地上から浮いてしまったように感じる人、地に足をつけたまま巨人になったと感じる人、あるいは地球が下の方に見えるくらい離れてしまったように感じることもあるかもしれません。)

posted by yamanoshiroiie at 09:00| レッスン

2018年04月19日

寒色地帯、暖色地帯とは


※"トゥファラ"に出てくる、寒色地帯と暖色地帯について解説します。

(トゥファラ本文P232より)
ビレムルでは星のレベルを"次元"と表現するようですが、宇宙ではそう言いません。星のレベルは"螺旋の位置"の領域の違いと言えます。その領域は上下だけではなく、左右にも広がっていて、どこに属しているかが重要です。星の位置を空間で表したとき上下は高さの違いを表し、左右は星が持つ性質を分類しています。(下図参照)


・横軸(a)は暖色地帯、(b)は寒色地帯を表しています。
・縦軸(x)と(y)は、次元の上下(高さ)を表しています。
・星の進化は、この空間を螺旋状に昇って進みます。(レベルや星、魂の昇華と表現しています)
・(構図の向こう側から光が差していると見て)構図の向こう側が光側、それを見ている自分の背後が闇側と捉えます。

※ビレムルは現在、暖色地帯から闇側を通って寒色地帯へ向かっています。

螺旋ab.JPG

(文/編集部)
posted by yamanoshiroiie at 09:00| レッスン