2018年08月06日

Green School〜竹でできた学校

GreenSchool.jpg

未来の星、"トゥファラ"を訪れたヴィッツイは、学校を見学します。そこで見た学校や子どもたちの様子に、ヴィッツイは大きな衝撃を受けます。それらはどれも、ヴィッツイの星とはまったく違うものでした。そんなヴィッツイが戦士メリオンに成長したとき、メリオンは戦士の仕事のひとつとして、ビレムルに、ある建物を建てました。それが『光の塔』の中でコリトが魂に出会った、あの、白い塔です。
「子どもたちが、自分の魂の声を聞けるような施設がビレムルにあったらどんなにステキだろう!」
戦士メリオンはそんな夢を描き、ビレムルの地にそれを実現させたのでした。

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。
"魂の声を聞ける学校"があったら、どんなに素晴らしいことでしょう!

現在の私たちの世界でも、子どもたちがさまざまな問題を抱えているのを耳にします。それは日本だけでなく、世界中の国々に起こっている問題です。未来の子どもたちのためになる学校って…?探せばきっとどこかにあるはず!大人の私たちでさえ「わぁ〜行ってみたい!」とワクワクしてしまうようなステキな学校が!

そんな話題で盛り上がっていたところ、仲間のひとりがステキな学校を見つけて知らせてくれました。
Green School Bali

インドネシアのバリ島にあります。
校舎はバリ島の伝統的技法によって竹で創り上げ、全て自然のままに、非常に創造的でダイナミックな建物です。電気や水道などの設備も、なるべく地球環境に優しくなるよう工夫されています。
幼稚園から高校生までの教室があり、子どもたちの創造性や自主性をより引き出すようなカリキュラムやシステムを工夫しています。

Green School Bali(https://www.greenschool.org/)

バリ島といえば、一時は日本人の海外旅行先1位に挙げられていたこともあるくらい、日本人には親しまれてきた島ですね。もちろん日本からは「すぐにでも行こう!」というわけにはいきませんが、こちらの学校は国籍など関係なく、世界中から生徒さんを受け入れています。
世界の中の小さな小さな島にできた小さな小さな学校が、世界中の未来の学校モデルになるなんて、ちょっとステキなことですね。

YouTubeで「Green School in Bali」を検索すると、いろいろな動画がアップされていますので、興味のある方はぜひ情報を受け取ってください。
ここでは、この"世界一ステキな学校!"に通う2人の姉妹がTEDでスピーチする頼もしい姿と、彼女たちの素晴らしい活動の動画をご案内します。

彼女たちは、バリ島に排出されるプラスチックゴミを減らすための活動をしています。
(日本語翻訳を見るためには、設定マーク(歯車)をクリックして字幕を日本語にして下さい。機械翻訳なので少々頼りないですが、大体の意味は把握できると思います。)

こんな自由でのびのびした学校に通う子どもたち。
きっとたくさんのスィオニたちが育っていくに違いないと思います。

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。
この学校を創設したのは、それぞれカナダとアメリカからやってきてバリ島で出会ったというご夫婦。2人はバリ島で宝石店を営み、成功を収めていました。そしてある日、ご主人のジョン・ハーディ氏が、妻のシンシアから映画を観せられたのが始まりです。その大きな衝撃によって彼の行動は開始されたのでした。

ジョン・バーディー氏が触発されたというその映画とは…
元米国副大統領アル・ゴアさんが主演する「不都合な真実」です。
放映された2006年当時、とても話題になり、ドキュメンタリー賞などたくさんの賞を受賞し、世界に地球環境への関心を呼び覚ましました。アル・ゴア氏の誠意が伝わってくるGoodな映画ですね。

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

(文/編集部)
posted by yamanoshiroiie at 07:00| 光の活動/スィオニを探せ!