2018年07月17日

色のレッスン〜ホワイト

wall-175684_960_720.jpg

ホワイト

色のレッスン〜ブラックに続き、重要な色であるホワイトについてです。

(トゥファラ本文P78〜)
ホワイトの私たちが持つ一般的なイメージは、ブラックとは対照的に、ポジティブなイメージや明るいイメージ、美しいイメージです。ところが宇宙では、一概にそうとは考えていないようなのです。

ホワイトが他の色を染めてしまったり、光が色を飛ばして真白になってしまう現象をどのように感じますか?・・・ホワイトは浄化の色ではありません。

この指摘には、驚いた人が多いかもしれません。
ホワイトというと、何も描かれていない白いキャンパス、あるいは結婚式のウェディングドレスや白無垢などのイメージが強くあります。人々は、「白色は、どんな色にも染められるから…」というにも思っていたわけですが、星の人たちは、ホワイトが他の色を侵食するのだと、真逆のことをいっているのです。

なるほど、改めてホワイトとという色を、あるがままに眺めてみましょう…たしかに、星の人たちの言う通り、ホワイトは侵食する色でもある、というのが理解できるような気がします。(私たち人間というのは、固定観念にとらわれて、真実を見ていないことが実に多いらしい…。)
そしてホワイトには、あるときは恐れや、あるいは守りの力もあるのだと、ヴァンさんが教えてくれています。
ホワイトには、これだというひとつの答えがあるわけではありません。さまざまな答えのすべてがホワイトをあらわしているのです。陽の光を吸収したホワイトから、あなたたちはエネルギーを受け取ることができます。恐れもありますが、力を与えてくれるものでもあります。


・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。
いかがでしょうか。
色の捉え方というのに私たちはまだ慣れていませんが、感覚的な感性を磨くレッスンとしては、とても身近なツールなので、日常のところどころで、意識してみてはどうでしょう。
色のレッスンついてはこちらのページ「色のレッスン」を再度ご確認ください。(追加記事あり)


(文/編集部)


posted by yamanoshiroiie at 09:00| レッスン/宇宙秩序