2018年07月13日

色のレッスン〜ブラック

black

『色』のレッスンについて、以前に簡単な記事を書きました。(→色のレッスン)

星の人たちは色のエネルギーを、さまざまな形で活用しているのだとか。ところが私たちは、その色の、本来の特徴さえ理解していないことが多いというので、もう一度、中でも扱い方を間違えてはいけない重要な色だという、ブラックとホワイトについて、それぞれ紹介することにします。

ブラック
(トゥファラ本文P334〜)
ブラックを理解することはホワイトよりもさらにむずかしく、受け入れる魂の高い進化レベルが必要です。この色の及ぼす影響は絶大で・・・取り扱いは充分な注意が必要です。

しかし、宇宙でいう本当のブラックは、地上には無いのだそうで、私たちが黒(ブラック)と呼んでいるのは、限りなく黒に近い"濃い色"なのだということです。怖い色だけに、ちょっとホッとしました。
ブラックは"コピー"です。魂のコピー、星のコピー、あらゆるものの"コピー"と言えます。コピーはそれ自体には鼓動も、思考も、意思も、感情も、表情もなにもありません。ただ情報が忠実にコピーされているだけです。これが意味するものは、そのものよりもさらに精巧で美しく、汚れのない実体が生まれるということです。

・・・つまり、非常に非常に、精巧につくられたマシンのようなものを想像すればいいのでしょうか。
コピー(=ブラック)を作り出すのは人や星など実体のあるものの意思によってであり、しかしそのものたちは、使い終わったコピーを回収するまでの責任が取れないのだと書かれています。そしてコピーはコピーであるにもかかわらず、そのうちには意識を手に入れたくなり、真実と同じくらい光輝いて、周囲はその偽りの彩に惑わされるのだと忠告しています。(映画マトリックスの、黒スーツを着たエージェントを思い起こしました。)

黒(ブラック)という色は、昔からどの地域も、お葬式に使う色でもあり、確かにイイ色、明るい色というポジティブなイメージはありません。ところが近年は、ブラックをある意味、"カッコイイ色"のようなイメージに仕立て上げられてきた感じがしないでもありません。私たちの社会が、コピーのようなマシンの世界へ向かいつつあるという、ひとつの現れだったのかもしれません。

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。
このブログやトゥファラを読んだ読者の洋服ダンスからは、今後、黒色が無くなっていくかもしれませんね〜。
「神社などの神聖な場所に行くときは、濃い色の服は避けて、なるべく薄い明るい色を身に着けて行くようにして下さい」
と、メリオンさんからの伝言です。

(文/編集部)
posted by yamanoshiroiie at 09:00| レッスン