2018年06月29日

感情のコントロール

感情.JPG

『トゥファラ』の読者から、「P541ページのイラストに描かれている、魂や感情について詳しく教えて下さい」という問い合わせをいただきました。(画像のイラストです。)
この図はパリスィオン(トゥファラに登場する創造の星のもの)が宇宙の旅で見つけたのですが、魂や肉体について、その星が見せてくれたものでした。

ただいま数回にわたって"魂"の勉強をしていますが、読者からの質問もだんだん高度になってきました。(うっ…、ガンバリマス(●`・ω・´●))

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。
パリスィオンは、シリウムのセミカと宇宙の旅に出ました。
パリスィオンは最後に立ち寄った星で、面白い図形(乗り物?)を見つけますが、それは魂と感情、肉体を現しているものだとその星に教えられます。(トゥファラ本文P538〜)
そしてセミカは、パリスィオンにさまざまに質問を投げかけ、魂や感情についての理解を促します。(セミカとパリスィオンの、この興味深いレッスンのやりとりは本書を読んでご確認下さい。)

この不思議な図形を見せてくれた星は、図形と気だけでできているのだそうです!(宇宙には実にさまざまな星があるようです。)
この星から何を引き出すかが、大事なことだとセミカはいいますが、創造の星のパリスィオンは、自分らしい、パリスォンが最も分かりやすい形で、星からの情報を引き出したようです。

パリスィオンが見つけたこの図形の説明をすると、左の球体が魂、右の球体が肉体、そして真ん中の車輪が感情(心)なのだそうです。パリスィオンはこの図形を見たことで、肉体感情が、別々のものだということをはっきり認識しました。そしてセミカが言うには、この3つの球体のバランスを考えることが大切で、それはコントロールできるのだそうです。そしてそのバランスは、個々の魂や肉体の状態によっても変化していくらしい。

なるほど…バランスが大切なのですね。
読者さんの質問には以下の続きがあります。

「生きている以上人間は感情を持っていますが、喜怒哀楽は人間にとって良いものですか?また、進化するときにはその喜怒哀楽の色どりはなくなっていくのでしょうか?」

これについてはメリオンさんに聞いてみました。
・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

メリオン:感情というのはガイドなんです。

"ガイド"ですか。

メリオン:悲しいなら、「どうして私は悲しいんだろう?」と考えてみるといいんです。怒りを感じたら、「私は何について怒っているのだろう?」とちょっと考えてみるのです。

感情に浸かってしまわないで、一歩下がって自分の感情を観察してみるんですね。

メリオン:そうです。それは魂と肉体が進化するのに大切な作業なんですよ。

しかし、言葉でいうほど簡単にできるかどうか、あまり自信はないです。

メリオン:たしかにそうよね。でも、なぜ人間は感情を持っているのだと思う?

『トゥファラ』に出てくる星々は感情を持たない星が多いようですが…。

メリオン:それはね、地球が感情を持っている星だからなの。地球という星がとっても豊かな感情を持っているから、地球に生きている人間もその地の影響を受けて感情を持っているのよ。

そういうことなのか!

メリオン:だから地球で生きる人間が、感情を丁寧に扱って、そしてコントロールすることで、地球にも良い影響を与えることになるのです。

人間は地球と同調し合っているんですね。すると人間の怒りや憎しみなどの感情は、地球にダメージを与えてしまうんですね。

メリオン:そのとおりです。感情のコントロールは、今人間が真っ先に学ばなければならないことかもしれませんね。まずは、「この感情はどうしてなの?」と、感情の揺れ動きは、肉体や魂の声を教えてくれるガイドだと考えて、大切に扱ってあげることです。そうしているうちに、その感情はだんだん薄れていきます。そして人間も、最終的には要らない感情を、自然に手放していくことになるでしょうね。

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

「地球が感情を持っている星」だと知ったら、一気に地球に親近感が湧いてしまいました。だってきっと、私たちが泣いていると、地球も同調して「どうしたの?悲しいの?」って、一緒に泣いてくれるんですよ。

私たち人間は、あまりにも地球を悲しませてしまったように思います。これからはもっと地球を喜ばせてあげたい、と、そんなふうにも思います。
人間が感情をコントロールするのは、なかなか難しいのは事実です。しかし、「地球さんのためだ、頑張ってやってみよう!」そんな気持ちにもなるのでした…。

(文/編集部)

タグ:感情
posted by yamanoshiroiie at 09:00| ラウンジ(談話室)