2018年06月04日

数字「4」のレッスン


数字のレッスン「4」についてです。

数字4_02.png

(トゥファラP448より)
「4」は集結、結実、経路です。
上下の2本の線と左右の2本の線が正方形を作っていて
それぞれに力がかかっています。(図の矢印の方向)
それを45度傾けると力のかかる点が天地となり◇を作ります。

それぞれの線の伸びる力が大きいほど◇は大きくなります。
数字4_01_06.png

4つの線の力のバランスがとれているのが良いことは、前回の「3」の説明と同じです。
以上が宇宙を構成する数字「2」「3」「4」についての説明です。

メリオンさんのお話によると…
「最初に仕事をはじめるときは△(3人)で始めてください!」といいます。
そして、それを推し進めていくときには、◇をつくるといいのだそうです。
◇は舟の形にもたとえることができます。
船首(表)に立つ人、船尾に立つ人(守り、押す)、両脇の人(バランスをとる)、となります。


<まとめ!>
たとえば、何か新しいプロジェクトを開始するなら
そのプロジェクトに賛同、共感した△(3人)のチームを形成し、意思疎通や構想をじっくり練る。
もちろん最初の構想段階では、1人だけの場合、あるいは2人の場合もありますが、そのプロジェクトに真に賛同してくれる人を探してゆき、まずは3人チームで安定した△を形成することが大切。
そしてプロジェクトを実際の行動に移し具現化するときには、◇形を意識する。
この場合は、4人に限定しなくても良いそうです。
つまり、前方と後方は明確になる場合が多いかもしれませんが、両脇は必要に応じて人数が増えても良いということなのです。

この方法は、仕事、事業、プロジェクトチーム、コミュニティグループ…、あらゆることに応用できそうですね。ぜひ、あなたの"仕事"に活用してください!


(文/編集部)
posted by yamanoshiroiie at 07:00| レッスン/宇宙秩序