2018年06月14日

魂の特徴を探し出す

カマキリ赤ちゃん.jpg

『光の塔』は、主人公の少女コリトが宇宙の旅に出て、魂の声に出会うお話です。そしてこのブログ、光の塔通信は、「魂で生きる」とはどういうことかを探求するのが最大の目的でもあります。
それらは、未来へ向かって、地球と共に進化しなければならない私たち人類の全てが、目指していかなければならない究極のテーマなのです。

魂の声を聞いて"魂で生きる"なんて、今までの私たちは本気でそれに取り組んでこなかったと思います。
そもそも魂のしくみも分からず、魂の存在すら認めてこなかったのが今の人間社会。だから、頭では解った気になっても、正直ピンとこないのがホントのところですよね。

『魂』の学びについてはこれから少しずつ取りあげていきますが、今回はその一端を、メリオンさんからお伺いしてみました。

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。
―― 「魂で生きる」というのを今の私たちにも分かるように、かみ砕いて言うとどういうことなのでしょう?

メリオン:本当の自分で生きるということです。

―― つまり、親や周囲から影響されたものではなく、本当に自分が望んでいることは何かを知るということでしょうか?

メリオン:そうです。自分が本当に望んでいることは、魂が求めていることでもあるのです。

―― しかし多くの人は、自分が何を望んでいるのかさえ分からなくなっているんです。

メリオン:たしかにそうね。まずは魂の特徴を探し出してみるのがいいわね。

―― "魂の特徴"…って、とても新鮮な言葉に聞こえます。当たり前なんでしょうけど、魂には特徴があるのですね?

メリオン:もちろんありますよ。みんなそれぞれが、とても個性的な魂の特徴を持っているのです。

―― でもどうしたら、その特徴を探し出すことができるのかな…。

メリオン:やはり行動しなければだめですよ。『光の塔』でも、コリトは知りたいという強い気持ちで行動したから気づくことができたし、魂にも出会えたのです。

―― 待っていれば天からのお告げがあるかも…、な〜んて思っているようじゃ、ダメなんですね〜

メリオン:まったくダメですね。

―― やっぱり行動あるのみか…。

―― たとえば、自分が好きだと思い込んでいるだけで、実際は魂の特徴でも、求めていたことでもなかった、なんていうこともありそうなんですけど。

メリオン:12歳の頃の自分を思い出してごらんなさい。

―― 12歳ですか?

メリオン:12歳ぐらいの頃というのは、頭も体も整い始めて充分大人の仲間入りをします。それでいてとても純粋で素直な気持ちを持っているからです。12歳の頃、自分はどんなことが好きだったか、何を考えていたか、よく思い出してみるといいのです。

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

自分のことでありながら、自分が本当に好きなことや本当に望んでいること、それさえ分からなくなってしまって、あちこちを彷徨いつづける私たち。まさに"迷える子羊"なわけですが、羊飼いが探しに来てくれるのを待っているだけではダメだとメリオンさんにキッパリいわれてしまいました。
でも、12歳の頃を思い出せばいいのですね!それなら誰でも出来そうですよね。メリオンさん、とっても優しいヒントをありがとうございます♪


(文/編集部)

タグ: 光の塔
posted by yamanoshiroiie at 09:00| ラウンジ(談話室)