2018年04月23日

魂の等身大の体操

IMG_3857.JPG

ヴィッツイの"魂の等身大の体操"を毎朝実際にやっている人がいます。
これは、自分の魂の存在を実感する、そして肉体・心・魂は、別々であることを理解できるとても良い体操です。肉体から抜け出した魂だけになって自分の星を足下に感じ、遠く見ることができます。
そんな魂とともに日常を過ごすと、宇宙の小さな砂粒としての自分の存在を、喜びとして味わうことができます。

朝、起床とともに庭に出て、地に座り、草花に触れながら、身体を揺り動かし、そのまま立ち上がってください。ゆらゆらと地を離れていく、あなたの魂を感じ取ることができるでしょう。


(トゥファラ本文P24)
@まず地面に座り、体中を解きほぐすように動かします。(この時、身体の中心が会陰を通して大地と繋がっているイメージを持ってみてください。)
等身大1.jpg

A関節や筋肉すべてを動かしましょう。特に普段、動かしていないところに気づくことが大切です。
等身大2.jpg

B身体をほぐしたら、地面に頭と身体をつけ、地の声を聞きましょう。地に触れ、肌で大地を感じるのです。
等身大3.jpg

C次にゆっくりと立ち上がります。
等身大4.jpg

肉体の大きさをイメージするのではなく、あなたの"精神・魂" を感じて立ち上がります。
等身大5.jpg

(立ち上がりながら身体がぐんぐん伸びて広がっていくのを感じてください。)
等身大6.jpg

等身大7.jpg

Dすると、巨人のような自分の姿を感じるでしょう。
等身大8.jpg

Eそのまま、ゆっくりと周囲を歩いてみましょう。(立ちくらみがするかもしれませんので充分注意してください!)
等身大9.jpg

その大きさがあなたの魂の大きさ。その大きさを感じたまま、今日一日を過ごしてみましょう。
(この時、人によっていろいろな感じ方があります。地上から浮いてしまったように感じる人、地に足をつけたまま巨人になったと感じる人、あるいは地球が下の方に見えるくらい離れてしまったように感じることもあるかもしれません。)

posted by yamanoshiroiie at 09:00| レッスン/宇宙秩序