2018年04月19日

寒色地帯、暖色地帯とは


※"トゥファラ"に出てくる、寒色地帯と暖色地帯について解説します。

(トゥファラ本文P232より)
ビレムルでは星のレベルを"次元"と表現するようですが、宇宙ではそう言いません。星のレベルは"螺旋の位置"の領域の違いと言えます。その領域は上下だけではなく、左右にも広がっていて、どこに属しているかが重要です。星の位置を空間で表したとき上下は高さの違いを表し、左右は星が持つ性質を分類しています。(下図参照)


・横軸(a)は暖色地帯、(b)は寒色地帯を表しています。
・縦軸(x)と(y)は、次元の上下(高さ)を表しています。
・星の進化は、この空間を螺旋状に昇って進みます。(レベルや星、魂の昇華と表現しています)
・(構図の向こう側から光が差していると見て)構図の向こう側が光側、それを見ている自分の背後が闇側と捉えます。

※ビレムルは現在、暖色地帯から闇側を通って寒色地帯へ向かっています。

螺旋ab.JPG

(文/編集部)
posted by yamanoshiroiie at 09:00| レッスン